骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



肛門科の手術後に起こりうるトラブル5 (狭窄:せまくなること)



狭窄とは、肛門科の術後に肛門が狭くなることをいいます。
痔核根治手術の後に、まれに起こることがあります。


訓練を積んだ大腸肛門科専門の医師が手術した場合には、この肛門狭窄が起こることはほとんどありません。
ただし術後出血を繰り返して、何度も止血術を行った場合には、まれにこの狭窄が起こる可能性があります。

また最近では、ジオンという硬化療法を行った際に、注射する場所を誤った場合にも起こることもあります。


術後間もない時期に起こった狭窄であれば、肛門ブジーという処置を行います。

これは肛門にロケット型の筒を10分間ほど挿入し、肛門をすこしずつ広げていく方法です。
これは外来で割と簡単にできる処置なのですが、それなりに痛みを伴う処置なので、やらずに済むならこれに越したことはありません。


いっぽう術後かなり時間が経って肛門が狭いまま治ってしまった場合には、肛門を広げる手術が必要となることもまれにあります。

肛門をひろげる手術はそれなりに手間がかかることが多く、入院が必要になることが多いです。


術後の肛門狭窄を予防するには、肛門狭窄を起こさない手術をすることと、肛門狭窄の兆候があれば早めに対処することが重要となります。



「痔の手術について(術後)」の関連記事
手術を受けたあとは通院が必要?術後の注意事項:傷の管理排便管理食事管理仕事・運動・旅行その他手術を受けた方からよくいただく質問再発することはあるの?術後に起こりうるトラブルにはどんなものがあるの?術後に起こりうるトラブル:出血痛み腫れ難治創:傷が治らないこと狭窄:せまくなること肛門変形および便漏れその他の術後に起こりうる合併症について