骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔ろう手術後の変形や便漏れについて

・昔の痔ろうの手術は、変形や便漏れを起こすリスクが高かった。
・現在では、変形や便漏れを起こすリスクははるかに低くなっている。



(解説)

数十年前に痔ろうの手術を受けた方の肛門を診察してみると、肛門が大きく変形していることがあります。

昔の手術は「一回の手術で治す」ことが重視され、肛門機能のことはあまり重視されていなかったと聞いたことがあります。

昔の痔ろうの手術は切開開放術が主体であり、変形が起こりやすいタイプの痔ろう(前側方の痔ろうや深い痔ろう)であっても、すべてこの術式で治療していた施設もあったとのことです。

当時痔ろうに対し括約筋温存術シートン法を行い、変形を最小限にとどめようと努力していたのは、ごく一部の先進的な大腸肛門科専門の施設だけだったのでしょう。


痔ろうの術後に変形が起こると、手術を行ったところが「鍵穴状」にへこんで見えます。

そしてそこから便や粘液が漏れて、「下着が汚れる」とか「下痢をがまんしづらい」という訴えが多くなります。

さらに将来その変形したところから直腸の粘膜が脱出して、直腸粘膜脱のような状態になることもあります。


数十年にわたる医学の進歩から、「どのようなタイプの痔ろうに、どういう手術をしたら変形を起こすリスクが高くなるのか」ということはかなり明らかとなっています。
そして、変形を最小限に抑えるべく、痔ろうの術式も徐々に改善されてきています。


術式の改良がすすんだ現在では、「鍵穴状」にはっきりへこんで見えるような変形を起こして、便漏れに悩まされるようなケースはまれになっています。

大腸肛門科を専門とする病院であれば、長年の経験から変形のリスクを最小限にして痔ろうを治す戦略を確立しています。
痔ろうの手術は、経験を積んだ専門病院で受けられることをお勧めします。



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について