骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔ろうのタイプについて

・痔ろうにはI型痔ろう〜IV型痔ろうまでいろいろなタイプがある。
・痔ろうのタイプに応じて、適切な術式を選択する必要がある。




・I型痔ろう(皮下痔ろう)

ごく浅い皮下の痔ろう。
I型痔ろうは裂肛に合併する場合がほとんどであり、これを「裂肛痔ろう」という。




・IIL型痔ろう(低位筋間痔ろう)

筋肉の間を走行し、皮膚に向かうタイプの痔ろう。
全体の70%を占める。




・IIH型痔ろう(高位筋間痔ろう)

筋肉の間を走行し、奥に向かうタイプの痔ろう。
全体の10%を占める。




・III型痔ろう(坐骨直腸か痔ろう)

深くて複雑な痔ろう。
全体の15%。




・IV型痔ろう(骨盤直腸か痔ろう)


もっとも深く複雑な痔ろう。
全体の2〜3%。




複数の痔ろうが合併していることもよくある。
図はIIL+IIH型(低位筋間痔ろう+高位筋間痔ろう)を示す。




(解説)

痔ろうには単純で浅いものから、複雑で深いものまで色々なタイプがあります。

I型痔ろうや単純なIIL型の痔ろうは、切開開放術で一定の成績があげられるので、総合病院で手術が行われることもあります。

一方複雑なIIL型痔ろうIIH型痔ろうIII型IV型痔ろうの手術は、肛門科を専門とする医師が手がけないと失敗する可能性が高くなります。

痔ろうの手術には、「やるべきこと」と「やってはいけないこと」という明らかな区別がありまして、これをふまえた確実な手術を行うには大腸肛門科の専門病院で相当の修練を積む必要があります。

これをわきまえない医師が手術を手がけてしまうと、「たれながし」の肛門をつくったり、再発を繰り返す恐れがあるのです。


(マニアックな蛇足・・・)

ここで示した痔ろうのタイプは、「隅越分類」といいまして、日本国内限定で独自に用いられているものです。
いっぽう世界的には「Parks分類」という痔ろうタイプ分類が広く用いられています。

だから国際学会で外国人相手に痔ろうの発表をするときに隅越分類に基づいて話をすると、隅越分類を知らない外国人は「?」となってしまいます・・・
(私も初めての国際学会でやらかしました)



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について