骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔ろうの手術(シートン法)

・シートン法は、切開開放術では変形のリスクがある痔ろうに用いられる。

・再発率が低く変形のリスクも少ないが、治るまでに時間がかかることがある。





切開開放術は、浅くて変形リスクのない痔ろうに行われる。

いっぽうシートン法は、切開開放術では変形を起こすリスクがある痔ろうに行われる。
(前方や側方のIIL型痔ろう、多発痔ろう、III型IV型痔ろうなど)




痔ろうのろう管(トンネル)を電気メスを使って切除しているところ。




痔ろうのろう管をとりのぞいたところ。(完全にとりのぞかない方法もある)




ろう管を取り除いたところに特殊なゴム(シートン)をかける。





体が異物(ゴム)を押し出そうとするので、ゴムが徐々に浅くなってくる。
ゴム輪が浅くなってゆるんできたら、医師がしめなおす。






いずれゴムが自然に脱落して痔ろうが治る。

ゴムが通ったところは自然につながって元通りになるので、変形はまず起こらない。




 ●シートン法は痛い治療法なのか?

シートン法はポイントを守って上手にやれば、他の手術と比べて痛みが強いということはありません・・・




(解説)

前方や側方のII型痔ろう、およびIII型痔ろうなどに切開開放術を行うと、肛門が変形する恐れがあります。

この場合に用いられる痔ろうの術式として、シートン法があります。

シートン法はいろいろな長所があるため、わが国の肛門科の間でもひろく普及しつつある術式です。

再発率が低い(3%くらい)
肛門変形のリスクも低い
短期入院手術にも対応可能

一方、シートン法の短所としては・・・

しばらくゴム輪をつけておかないといけないので、治るまでにやや時間がかかることがある。
人によってはゴム輪をかなり気にする方もいる。

ゴムが取れる時間は個人差があります。
ゴムが緩んできたら、来院時に医師が締めなおします。
これを何回か繰り返すと、いずれゴムが「ポロッ」ととれて終了となります。

痔ろうが浅い場合には早く取れ、深い場合には時間がかかります。

時間がかかる人では2〜3ヶ月以上要する場合もありますが、時間をかけて気長に待ったほうが良い結果が得られるので、ゆっくり取れるのを待ちましょう。


(マニアックな蛇足・・・)

このシートン法は、図で示すとおり単純明快な方法です。

でもこのシートン法は、慣れない医師が手がけてしまうと、いろいろなトラブルを起こしてしまいます。

まずこのシートン法で使うゴムの締め加減が難しかったりします。
慣れない術者は、たいていゴムを強く締めすぎてしまいます。
そのために激痛が起こったり・・・
あまりに早くゴムが脱落してしまって肛門変形のリスクが生じたり・・・
ゴムがあまりに速く浅くなるので、うしろに膿を取り残して再発したり(遺残膿瘍といいます)・・・

そのためわれわれの病院では、「ゴムはゆるく締めるべし」ということを教えるのですが、逆にゆるすぎてもなかなかゴムが脱落してくれません。
半年も一年もゴムが脱落せず、患者さんからクレームが来たり、患者さんが病院に来なくなることもあるのです。

また、このゴムがイラストのように奥から手前に浅くなってくれば順調に治るのですが、逆に手前から奥にもぐりこんでしまって、なかなか治らなくなってしまうこともあります(難治化といいます)。

このシートン法に限らず、肛門科の手術は、一見シンプルに見えても奥が深いということがよくあります。

シートン法を多数行っている肛門科専門病院であれば、それぞれがシートン法をうまく行うためのコツを確立しています。

このへんは「餅は餅屋」ですね・・・


痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について