骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔ろうの手術(切開開放術)

・切開開放術は、比較的浅い痔ろうに用いられることが多い。

・痔ろうの術式の中では最も再発率が低い。




切開解放術は、比較的浅い痔ろうに行われることが多い。
図は背中側の浅い痔ろう(低位筋間痔ろう:IIL型)を示す。




痔ろうのろう管(トンネル)を確保することで、正確に切開しやすくなる。




電気メスを使ってろう管を切開していく。




奥から手前に向かって少しずつ切開していくところ。




ろう管の切開が終わったところ。




創の左右を縫合固定して手術終了。





術後は時間をかけて組織が盛り上がって治ってくる。




痔ろうが治癒した状態。




(解説)

後方(背中側)のII型痔ろうや、前方側方のII型痔ろうであってもごく浅い場合には、通常切開開放術が行われます。
(参考:低位筋間痔ろうの手術

切開開放術はもっとも単純確実な痔ろうの術式であり、再発率が一番低い(1〜2%)という長所があるので、切開しても変形の起こるリスクが低い痔ろうの場合に用いられます。

術後も排便コントロールを厳密に行う必要はないので、短期入院手術にも対応できるというメリットもあります。


いっぽう前方側方のII型痔ろうや、III型痔ろうIV型痔ろうといった複雑なタイプの痔ろうにこの術式を用いると、肛門が変形して便漏れが起こる可能性が高くなります。

こういった複雑な痔ろうの手術は、肛門科の専門病院とそれ以外の病院では結果の差が大きく出ます。
痔ろうの手術は、肛門科を専門とする病院で受けられることをおすすめします。


(マニアックな蛇足・・・)

この痔ろうの切開開放術は、数ある肛門科の手術の中でももっともシンプルなものと考えられており、肛門科手術に熟達した医師であればものの数分で終わってしまいます。

手術書を読んでみても、この「痔ろう切開開放術」はいかにも簡単にできそうな記載がなされているので、肛門科を専門家としない医師が手がけることも多いようです。

でも実際には、肛門科を専門としない医師が切開開放術を手がけて、経過が悪くて肛門科専門病院を受診してくる方がけっこういます。

診察してみると、本当に色々なトラブルのパターンがあります。たとえば・・・

痔ろうのトンネルを正確に切開できていなかったり・・・
切開した左右の皮膚がくっついて浅い痔ろうを再びつくっていたり・・・
傷の形が悪くて治らなくなっていたり(難治創といいます)・・・
奥に向かう痔ろうのろう管(高位筋間痔ろう:IIH)を見逃して再発したり・・・
「III+IIL型痔ろう」という深くて複雑な痔ろうなのに、浅いところだけ切開開放して終わっていたり・・・

実を言うと私も肛門科の手術を始めた10年ほど前には、ベテラン肛門科医師の手術助手を行いつつ、「痔ろうの切開開放術って簡単な手術じゃないか」と思っていました。

でも正直言って当時の私は、ベテラン肛門科医師がこれらのトラブル対策をすべて押さえた手術をわずか数分でやってのける匠の技がまったく見えていませんでした。

こんな経験を色々としてからというもの、私はどんな手術も「簡単だ」とは思わないようになっています。

肛門科を専門としない外科医の中には、「肛門科の手術なんて簡単じゃないか」という人がいます。
でもたぶんそれは経験が少ないために、たまたまマグレでトラブルに遭遇しなかっただけということです。

いっぽう肛門科専門の医師は、ベテランの先生ほど、「肛門科の手術は難しい」といった発言をされます。
多くの失敗パターンを経験するほど、手術の奥深さが分かってくるのだろうと考えています。


痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について