骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を

・痔ろうはクローン病という腸の病気が原因となっていることがある。
・クローン病に気づかずに痔ろうの手術をすると、傷が治らず悪化することがある。
・痔ろうの手術の前に、全員に大腸内視鏡検査をおすすめしている。


通常の痔ろうは、肛門陰窩(いんか)というポケットから細菌が入って起こる。

通常の痔ろうの手術で治すことができる。



クローン病の痔ろうは、直腸の潰瘍(かいよう)からトンネルができて起こることが多い。

このタイプの痔ろうに通常の痔ろうと同じ手術を行うと、傷が治らず悪化する場合がある。

この場合、通常の痔ろうとは異なった治療が必要となる。





(解説)

痔ろうの手術の前に、大腸内視鏡検査を受けておく必要があります。

痔ろうの原因の大半は、肛門陰窩(いんか)というポケットから細菌が入って起こるタイプの痔ろうです。
このタイプの痔ろうは、通常の痔ろうの手術で治すことができるので問題はありません。

問題は、クローン病が原因となって起こった痔ろうです。

クローン病を見落として痔の手術をしてしまうと、傷が治らずに余計に悪化してしまうことがあります。
クローン病がある人の場合、痔ろうの治療法を変更する必要があるのです。

また、潰瘍性大腸炎という腸の病気がある場合には、気づかずに手術をしてしまうと傷が治らなくなります。
潰瘍性大腸炎がある場合には、炎症がおさまっている時期を狙って手術する必要があるのです。

以上の理由から、大腸肛門科を専門としている病院では、痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査をおすすめするのが普通です。
(参考:痔の手術の前に大腸内視鏡検査を



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について