骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔ろうの手術(括約筋温存術)

・括約筋温存術は、切開開放術では変形のリスクがある痔ろうに用いられる。

・痔ろうの術式の中では最も変形のリスクが低いが、
 他の術式(切開解放術・シートン法)と比べて再発率がはるかに高いという短所がある。





前方(おなか側)や側方のIIL型痔ろう、およびIII型痔ろうなどの場合にこの術式が用いられることが多い。

図は前側方の低位筋間痔ろう(IIL型痔ろう)を示す。





痔ろうのろう管(トンネル)を電気メスを使って切除しているところ。





痔ろうのろう管をとりのぞいたところ。(完全にとりのぞかない方法もある)




入り口を縫ってふさぐ。




治癒したところ。




(解説)

前方や側方のII型痔ろう、およびIII型痔ろうなどの「複雑痔ろう」に切開開放術を行うと、肛門が変形する恐れがあります。

この場合に用いられる痔ろうの術式のひとつとして、括約筋温存術があります。

イラストを見ると単純明快な方法なのですが、実際は難度が高い術式であり、ポイントを押さえた手術を行わないと容易に再発します。
この括約筋温存術は、理論上は最も短期間できれいに治る理想的な方法なのですが、実際には狙い通りにうまくいかない場合が多く、再発率も他の術式(切開開放術・シートン法)とくらべるとはるかに高い(10〜15%くらい)という短所があります。

また、温存術に向いたタイプの痔ろうと向かないタイプの痔ろうがあるため、すべての痔ろうに括約筋温存術ができるわけではありません。
括約筋温存術が向かないタイプの痔ろうに無理やりやってしまうと、失敗して肛門に大ダメージを与えてしまう可能性もあるのです(くわしい解説はこちら)。

さらに、術後の排便コントロールも厳密に行う必要があるので、通常1週間程度の入院が必要となります。

これらの色々な理由のため、複雑痔ろうの手術はどの治療法がベストかという点において、全国の肛門科専門医の間でもいまだに意見が分かれています。

全国の有名大腸肛門科専門病院の中でも、括約筋温存術を中心に行っている施設と、シートン法を中心に行っている施設に二分されているのが現状です。

最近の社会情勢により、短期入院の需要が高まっており、高い再発率の手術が容認されにくくなってきています。
さらにシートン法の技術が洗練され、変形のリスクが少なくなってきている現在、われわれの施設では括約筋温存術を行う機会は減少しており、今では長所の多いシートン法を行う比率が高くなってきています。



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について