骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔ろうとはなにか・痔ろうの原因

・痔ろうは、肛門陰窩(いんか)というポケットから細菌が侵入して起こる。
・肛門周囲膿瘍と痔ろうの原因は同じ。
・裂肛や、クローン病という腸の病気や、異物などが痔ろうの原因になることもある。


人間の肛門には、もともと肛門陰窩(こうもんいんか)というポケット(青矢印のところ)が
8〜12個ほど存在する。



中には深い肛門陰窩を持っている人がおり、ここから細菌が入って膿がたまりやすくなっている。


この膿が広がって進行した結果、トンネルができることがある。

この状態を痔ろうという。




(解説)

痔ろうの原因は、肛門周囲膿瘍と同じです。
膿が皮膚の下に多量にたまっている状態が肛門周囲膿瘍であり、皮膚を破って膿が排出され、トンネルができた状態が痔ろうとなります。

大半の痔ろうや肛門周囲膿瘍は、肛門陰窩(こうもんいんか)というポケットから細菌が入って起こるのですが、ときに裂肛や、クローン病という腸の病気や、魚骨などのとがった異物が原因となっている場合もあります。

痔ろうは若い男性によく見られる病気です(もちろん高齢者や女性にも発症することはありますが)。
特にIII型痔ろうIV型痔ろうといった深い痔ろうは、体格の良い若い男性に多く見られます。

これは男性の方が下痢しやすいことと、若い人の方がいきむ力が強いためではないかと考えられているのですが、本当のことはあまりよくわかっていません。

こう言ってはなんですが、結局痔ろうになる人とならない人の差は、生活習慣の良し悪しよりも「運」に大きく左右されるのではないかと思っています。



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について