骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



肛門科の手術スケジュール(日帰り手術)



肛門科の日帰り手術スケジュールについて説明します。


1 予約

手術は予約制です。
来院して診察したあと、手術の予約日を決めます。

手術が安全に行えることを確認するために、血液検査を行うことがあります。
また、他の治療中の病気がある方の場合、手術を行っても支障がないかどうかを主治医に確認するため、問い合わせの紹介状を書くこともあります。

また、肛門科の手術を受ける場合には、事前に大腸内視鏡検査を受けておいた方がよいことがあります。
この場合手術を受ける前の他の日に、大腸内視鏡検査の予約も入れる必要があります。


2 手術前日

特に食事や生活の制限はありません。


3 手術当日

手術が終了してクリニックから出るまで食事はできません(水、お茶は飲んでも大丈夫です)。
排便を促すための座薬を入れ、便を出し切っていただきます。
検査着に着替えてから手術室に向かいます。


4 手術実施

麻酔をかけます。
肛門科の手術で用いられる麻酔には仙骨硬膜外麻酔、腰椎麻酔、局所麻酔の三つがあり、病気の状態によって最適な麻酔法を使い分けます。
麻酔に要する時間は数分程度です。

麻酔が効いたのを確認して、手術を開始します。
麻酔が効いているので、手術中は痛みはありません。
寝ている間に手術を受けたい方は、鎮静剤を使用しますのでその旨申し出てください。

手術は15〜30分程度で終了します。


5 手術終了後

手術が終了したら、休憩室で二時間ほど休んでいただきます。
普通に歩けるようになり、排尿を確認したら、傷のチェックを行います。
出血や痛みなどの問題がなければ、会計して終了となります。

クリニックに滞在する時間は大体3〜4時間程度です。


6 帰宅後の注意事項

手術日とその翌日は、なるべく安静にする必要があります。
安静を守らずに動き回ると、出血や痛みおよび頭痛(腰椎麻酔を行った場合)が起こる可能性があります。

事務仕事(デスクワーク)であれば、1〜2日ほど安静にするだけでほとんど職場復帰できているようです。

力仕事の場合には、3週間ほどはなるべく無理をしないほうが安全です。
この場合には治り具合を見ながら相談して決めていくことになります。



「痔の手術について(術前)」の関連記事
肛門科で手術を勧められていますが、本当に手術は必要?(痔核・痔ろう・裂肛)痔核の手術を受けます。希望する方法で手術してもらえるの? 痔ろうの手術を受けます。希望する方法で手術してもらえるの? 裂肛の手術を受けます。希望する方法で手術してもらえるの? 治療中の病気がありますが、手術に支障はないですか?手術はどれくらい時間がかかりますか?肛門科の手術スケジュール(日帰り手術)肛門科の手術スケジュール(入院手術)治るまでにどれくらいかかりますか?手術は痛くないの?肛門科の日帰り手術について日帰り手術を受けた日に運転してもいいの?レーザーメスは肛門科の手術には有効?肛門科手術の際に行われる麻酔について麻酔の合併症について