骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔核のタイプについて

・痔核には「内痔核」「外痔核」「内外痔核」という3つのタイプがある。
・痔核のタイプに応じて治療方針が変わってくる。
・内痔核であれば、手術・ジオン・PPHなど色々な方法で治療できる。
・内外痔核や外痔核は切除しなければ治らない。


・内痔核

奥のやわらかい粘膜が脱出するタイプ。



・外痔核

外側のかたい皮膚が脱出するタイプ。



・内外痔核

内痔核と外痔核が合併しているタイプ。

最も多いタイプの痔核。




(解説)

痔核には、内痔核、外痔核、内外痔核の3つのタイプがあります。
痔核のタイプ別に、最適な治療方針があります。


・内痔核について

内痔核は、奥の柔らかい粘膜が脱出してくるタイプの痔核です。
内痔核は痛みを感じる神経がないため、色々な治療法で治すことができます。
痔核根治手術(けっさつ切除術)で切り取るのが最も成績が良いのですが、他にもジオンという注射療法や、マックギブニー法というゴム輪で縛る方法や、PPHという器械で吊り上げる方法なども利用できます。


・外痔核や内外痔核について

外痔核や内外痔核は、外側のかたい皮膚が出っ張っているタイプの痔核です。

このタイプの痔核を治すには切除する必要があります。
注射療法(ジオン)ではひどく腫れあがる恐れがあり、ゴム輪治療(マックギブニー法)では強い痛みが生じます。PPHでも外痔核の腫れを治すことはできません。


肛門科で診療する機会が最も多いのが、この痔核です。
「PPHで治して欲しい」とか、「ジオンで治して欲しい」などと治療法を決めてから来院される患者さんも多いのですが、ここで示したようにどうしても希望に添えないこともあるのです。

痔核のタイプに応じて、最適な治療法を選択する必要があるのです(参考:痔核の治療法を比較する)。



痔核(いぼ痔・脱肛)の関連記事
痔核(いぼ痔・脱肛) まとめ
痔核とはなにか・痔核の原因痔核の症状痔核のタイプについて痔核の進行度と治療方針痔核の予防法かんとん痔核について痔核の治療法を比較する痔核の薬物療法(保存的治療)痔核の注射療法(パオスクレー)ゴム輪治療法(マックギブニー)痔核硬化療法(ジオン)痔核根治手術(けっさつ切除術)器械を用いた痔核手術(PPH法)痔核手術後の再発について