骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔核とはなにか・痔核の原因



痔核はもともと誰でも持っているものであり、肛門から便やガスが漏れるのをふさぐ「水道蛇口のパッキン」のような役割をしている。

痔核組織のおかげで、ふだんは肛門がぴったりと閉じられて便やガスがもれないようになっている。

長時間いきんだり、腹圧がかかる生活を続けると、この痔核組織がすこしずつ伸ばされ、うっ血してくる。これが悪化していくにつれて、出血を繰り返したり、排便時に脱出するようになる。


・痔核はどんな人にできやすいか

排便時に長時間いきむ人にできやすい。特に便秘の人。
下痢の人もいきみやすい傾向があるので、痔ができやすい。
力仕事の人や長時間座る人にもできやすい。
(腹圧が長時間肛門にかかるため)




痔核(いぼ痔・脱肛)の関連記事
痔核(いぼ痔・脱肛) まとめ
痔核とはなにか・痔核の原因痔核の症状痔核のタイプについて痔核の進行度と治療方針痔核の予防法かんとん痔核について痔核の治療法を比較する痔核の薬物療法(保存的治療)痔核の注射療法(パオスクレー)ゴム輪治療法(マックギブニー)痔核硬化療法(ジオン)痔核根治手術(けっさつ切除術)器械を用いた痔核手術(PPH法)痔核手術後の再発について