骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔核(いぼ痔・脱肛)まとめ




痔核の原因と症状


痔核とは、通常「いぼ痔」とか「脱肛」などと呼ばれているものです。

痔核は肛門科領域でもっとも多い疾患であり、一般に「痔」というとたいていこの痔核のことを指します。

(痔核・痔ろう裂肛をまとめて肛門科三大疾患といいます)

便秘で長時間いきむ習慣がある人や、力仕事の人や、長時間座る仕事の人などに痔核は起こりやすくなります(参考:痔核の原因)。

痔核の主な症状は「脱出」と「出血」です(参考:痔核の症状)。
痔核が進行して大きく脱出するようになると、痛みが生じることもあります。


痔核の治療

 (I度〜II度の痔核)

痔核の治療方針は、痔核の進行度で決まります。

あまり進行しておらず、それほど脱出しない痔核(I度〜II度の痔核)であれば、通常は薬物療法(軟膏や坐薬など)で対処します。
痔核から出血する場合も、パオスクレーという注射療法で簡単に対処できることが多いです。


 (III度〜IV度の痔核)

痔核が進行すると、頻繁に脱出して指で押し込むようになったり、ずっと痔核が出っぱなしになります(III度〜IV度の痔核)。
ここまで進行した痔核は薬では治らないので、「薬以外の治療法」を考慮する必要があります。

「薬以外の治療法」にはいろいろな手段があり、痔核根治手術痔核硬化療法(ジオン)器械を用いた痔核手術(PPH)などの治療法があります。
これらの方法には長所と短所があるので、痔核のタイプによって正しく使い分ける必要があります(参考:痔核の治療法を比較する)。

痔核には「内痔核」「内外痔核」「外痔核」という3つの痔核タイプがあります。
「内痔核」は痔核根治手術やジオンやPPHといった色々な治療法が選択できます。

「内外痔核」や「外痔核」はジオンやPPHで治すのは難しい場合が多く、これらの治療法を無理に行うとよけいに腫れたり強い痛みが起こることがあります。
このタイプの痔核は、痔核根治手術で切除するともっとも良い結果が得られます。


 (かんとん痔核)

長年痔核を放置しておくと、急に大きく腫れて激痛が起こることがあります。
この状態をかんとん痔核といい、いわば痔核の緊急事態です。
状況に応じて緊急手術を行ったり、薬である程度治してから手術を考慮したりします。




 辻仲病院では年間約4000件の肛門疾患の手術を行っており、
 これは全国でも1〜2位をあらそう件数です。

 千葉県・茨城県を中心に、全国から痔核で悩む方が多数受診されています。


    辻仲病院柏の葉 (千葉県柏市)



痔核(いぼ痔・脱肛)の関連記事
痔核(いぼ痔・脱肛) まとめ
痔核とはなにか・痔核の原因痔核の症状痔核のタイプについて痔核の進行度と治療方針痔核の予防法かんとん痔核について痔核の治療法を比較する痔核の薬物療法(保存的治療)痔核の注射療法(パオスクレー)ゴム輪治療法(マックギブニー)痔核硬化療法(ジオン)痔核根治手術(けっさつ切除術)器械を用いた痔核手術(PPH法)痔核手術後の再発について