骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔核の薬物療法(保存的治療)



痔核の薬物療法は、便通の管理と薬剤(軟膏や坐薬)の二つが柱となる。

便通の管理では、「痔核の予防法」で説明したように、「長時間いきまないこと」と「便通をととのえること」が重要。

上記に加えて、軟膏などの薬剤を処方する。

原則として、軟膏の治療が有効なのは内痔核の成分。

ふだんから出っ張っている外痔核の成分は、軟膏で良くなる事はない。
(「痔核のタイプについて」を参照)

出血を伴う場合には、止血作用のある坐薬を使ったり、パオスクレーという注射療法を行うこともある。
この場合、大腸内視鏡検査を勧めることもある。

上記の治療を続けても、たびたび脱出する場合や、出血が続く場合には、次の段階の治療法(痔核根治手術ジオンによる硬化療法)を考慮する必要がある。



痔核(いぼ痔・脱肛)の関連記事

痔核(いぼ痔・脱肛) まとめ
痔核とはなにか・痔核の原因痔核の症状痔核のタイプについて痔核の進行度と治療方針痔核の予防法かんとん痔核について痔核の治療法を比較する痔核の薬物療法(保存的治療)痔核の注射療法(パオスクレー)ゴム輪治療法(マックギブニー)痔核硬化療法(ジオン)痔核根治手術(けっさつ切除術)器械を用いた痔核手術(PPH法)痔核手術後の再発について