骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



便潜血検査で陽性でした。私は大腸がんなのでしょうか?



便潜血検査が陽性だった方で、実際に大腸がんが見つかる割合は3%程度です。
2〜3割の方で、良性の大腸ポリープが見つかります。
残りの大多数の方では、異常は見つかりません。



便潜血検査は決して精度の高い検査ではありません。
一定の確率で大腸がんが見逃される上に、大腸に異常がない方も陽性になることがよくあります。

便潜血検査が陽性だった方に大腸内視鏡検査を行うと、実際に大腸がんが見つかる可能性は3%程度です。
2〜3割の方で、良性の大腸ポリープが見つかります。
残りの大多数の方は、異常なしになるわけです。

大腸に異常がないのに便潜血陽性となる原因として、「肛門からの出血」と「大腸の生理的出血」のふたつが考えられます(参考:便潜血陽性で大腸内視鏡検査を受けたけど、「異常なし」だったのはなぜ?)。

「便潜血陽性でも過半数の人が異常なし」だからといって、安心はできません。
便潜血が陽性になった方は、陰性の方とくらべると、大腸がんが見つかる可能性はかなり高くなるのは事実です。

ですから、便潜血検査が陽性となった方は、かならず大腸内視鏡検査を受けておくべきです。



「便潜血検査・注腸造影検査について」の関連記事
便潜血検査で、2回検査したうち1回だけ陽性だったときは大腸内視鏡検査は必要?便潜血検査で陽性でした。私は大腸がんなのでしょうか?便潜血検査陽性の人は、確認のためにもう一回便潜血検査を受けるべき?便潜血検査が陰性であれば、大腸がんの心配はないということですよね?私は痔持ちです。便潜血検査が陽性だったけど、痔のせいですよね?便潜血陽性で大腸内視鏡検査を受けたけど「異常なし」だったのはなぜ?注腸造影検査で大腸ポリープを指摘。大腸内視鏡検査で異常なしだったのはなぜ?