骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



注腸造影検査で大腸ポリープを指摘。大腸内視鏡検査で異常なしだったのはなぜ?



注腸造影検査(バリウム検査)は精度が低い検査です。
この場合、腸内に残っていた便を大腸ポリープと誤認した可能性があります。



「注腸造影検査(バリウム検査)で大腸ポリープを指摘されて大腸内視鏡検査を受けたけれど、ポリープがなかったのはなぜ?」という質問をよくいただきます。

注腸造影(バリウム検査)は、バリウムという造影剤を腸に入れて、レントゲンで撮影する検査法です。

この検査法は影絵を見ているにすぎないので、カメラで腸を直接観察する大腸内視鏡検査と比べると精度がかなり劣ります。

大腸に便が残っていた場合、注腸造影検査ではこの便が大腸ポリープとまぎらわしいことがよくあります。
注腸造影検査を行った医師は、「便の可能性が高いけれど、大腸ポリープの可能性も0ではない」と判断して、大腸内視鏡検査を勧めるわけです。

この場合、注腸造影検査より圧倒的に精度の高い大腸内視鏡検査で異常がないことがはっきりしたのですから、大腸ポリープは本当にないと考えてよいと思います。



「便潜血検査・注腸造影検査について」の関連記事
便潜血検査で、2回検査したうち1回だけ陽性だったときは大腸内視鏡検査は必要?便潜血検査で陽性でした。私は大腸がんなのでしょうか?便潜血検査陽性の人は、確認のためにもう一回便潜血検査を受けるべき?便潜血検査が陰性であれば、大腸がんの心配はないということですよね?私は痔持ちです。便潜血検査が陽性だったけど、痔のせいですよね?便潜血陽性で大腸内視鏡検査を受けたけど「異常なし」だったのはなぜ?注腸造影検査で大腸ポリープを指摘。大腸内視鏡検査で異常なしだったのはなぜ?