骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



痔核の注射療法(パオスクレー)

・痔核から出血している場合、この注射療法が有効。
・80%くらいのケースで、出血は改善する。
・この方法でも出血が改善しないケースでは、手術などを考慮した方がよい。




痔核から出血している場合、放置しておくと貧血が進んでしまう。
痔核に止血剤(パオスクレー)を打つ。

1〜2日間ほど、針穴から少しずつ出血することがある。

まれに(100人中3人くらい)痛み、腫れなどの副作用が起こることがある。


この治療の有効率(出血が止まる)は、80%程度。

出血が止まらない場合には、他の治療(ジオン注射や手術)を考慮する。

この薬の効果は半年〜1年で切れることが多い。
その場合には、再度同じ治療を行う。






(解説)

痔核の出血で患者さんが肛門科を受診された場合、われわれはいろいろな治療法で対処をおこなっています。

もっとも簡単なのは薬(軟膏や座薬)を使う方法であり、少量の出血(紙につく程度)であればこれだけで対処できることが多いです。

ある程度出血量が多い場合(ポタポタ落ちる人など)には、薬だけでは止血できないことが多いため、この注射療法(パオスクレー)が行われます。

この方法は、外来で痛みもなく簡単にできるという長所があるのですが、すべての出血が止められるわけではありません。
また、この治療法は半年〜一年で効果がなくなることが多いです。

パオスクレーを使用しても出血が続く場合には、痔核根治手術ジオンといった治療法を選択することもあります。

また、痔核の出血がある人の場合には、大腸がんなどの腸の病気が隠れていることがあります。
特に40歳以上の方では、痔からの出血と思われる場合でも、大腸内視鏡検査をお勧めしております。



痔核(いぼ痔・脱肛)の関連記事
痔核(いぼ痔・脱肛) まとめ
痔核とはなにか・痔核の原因痔核の症状痔核のタイプについて痔核の進行度と治療方針痔核の予防法かんとん痔核について痔核の治療法を比較する痔核の薬物療法(保存的治療)痔核の注射療法(パオスクレー)ゴム輪治療法(マックギブニー)痔核硬化療法(ジオン)痔核根治手術(けっさつ切除術)器械を用いた痔核手術(PPH法)痔核手術後の再発について