骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん


直腸瘤徹底解説






・直腸瘤とはどんな病気?

直腸瘤(ちょくちょうりゅう)は、女性の便秘の原因として最近よく知られるようになってきた疾患です。

この病気は「直腸膣壁弛緩症」とか、「直腸ポケット」などと呼ばれることもあります。
(この直腸瘤は時に「直腸脱」と呼ばれることもあるのですが、直腸脱と直腸瘤は異なる疾患です。)

直腸瘤を有する方の場合、直腸と膣の間にある壁が弱くなるために、直腸がポケット状にふくらんできて膣から脱出してきます。

女性の骨盤臓器の中では膣が一番弱いところなので、ここに直腸から圧力がかかって、膣の方にとびだしてくるわけです。(参照:直腸瘤とはなにか


・直腸瘤の症状

直腸瘤の症状は、「排便障害」の訴えと「膣がふくれてくる」という訴えが主なものとなります。(参照:直腸瘤の症状

重症の直腸瘤では、「排便時に膣を押さえないと便が出ない」とか、「膣がピンポン玉のようにふくれてくる」という訴えが起こります。


・直腸瘤はどの診療科を受診すればいいの?

直腸瘤で悩んでいる方の場合、直腸粘膜脱直腸重積痔核裂肛といった直腸肛門の疾患を合併していることがよくあります。
また、子宮脱や膀胱瘤といった、婦人科および泌尿器科の病気を合併していることもあります。(参照:直腸瘤に合併する病気は?

だから直腸瘤の治療は、大腸肛門科・婦人科・泌尿器科の3科がそろっており、病状に応じて各診療科の協力が得られるような病院で治療を受けるのがベストです。

大腸肛門科だけでは子宮脱や膀胱瘤の対応は難しいし、婦人科や泌尿器科では直腸肛門疾患の治療を行うことができないのです。(参照:直腸瘤はどの診療科を受診すればいい?


・直腸瘤の診断

直腸瘤は、肛門から指を入れて直腸を膣方向に押すと膣壁がとびだしてくるので、それだけでほとんど見当がつきます。(参照:直腸瘤の診察

診察して直腸瘤の可能性が高いと思われる場合には、さらに排便造影を行って、直腸瘤のくわしい状態や併発している直腸肛門疾患の有無を調べる必要があります。

当然大腸内視鏡検査を行い、直腸がんなどの有無もチェックしておく必要もあります。

さらに状況に応じて、MRI検査で膀胱瘤や子宮脱の有無をチェックしたり、肛門内圧検査で括約筋の機能を調べることもあります。(参照:直腸瘤の検査


・直腸瘤の治療:保存的治療

直腸瘤の治療は、大きく保存的治療と手術に分けられます。

軽症の直腸瘤では、薬や生活習慣の改善といった保存的治療を行います。(参照:直腸瘤の治療(保存的治療)

いっぽう直腸瘤の症状が強い場合や、保存的治療で改善しない場合には、手術をお勧めしています。


・直腸瘤の治療:手術

直腸瘤の手術は、肛門側から行うもの(経肛門的手術)と、膣側から行うもの(経膣的手術)に分けられます。

どちらの術式にも長所と短所があるため、患者さんの状態に応じて最適な治療法を選択することが重要となります。
どちらか一方の術式だけでは、すべての直腸瘤に対応することはできないのです。

たとえば経肛門的手術は重症の直腸瘤を治すことができないし、いっぽう経膣的手術は排便障害・性交障害および肛門疾患などの問題に対応することができないのです。

そのため、「年齢」「直腸瘤の大きさ」「直腸肛門疾患(直腸粘膜脱・直腸重積・痔核・裂肛など)の合併の有無」といった要素を考慮しながら、患者さんの希望を尊重して術式を決定することになります。(参照:直腸瘤の手術:どの術式がいいの?

最近では直腸と膣の間にメッシュを留置して補強を行う最新の術式(TVM手術)が普及しており、従来の術式では対応できなかった重症例や再発を繰り返す例なども治せるようになってきています。

また直腸瘤で悩んでいる方の場合、直腸粘膜脱・直腸重積・痔核・裂肛といった直腸肛門の疾患や、膀胱瘤・子宮脱といった泌尿器科婦人科領域の疾患を合併していることも多いので、これらの疾患があればあわせて治療を行います。
(参照:直腸瘤だけ手術で治せばいいの?



  ●直腸瘤専門外来について●

 辻仲病院柏の葉(千葉県柏市) では、
 「骨盤臓器脱専門外来」にて直腸瘤の専門診療を行っております。


 骨盤臓器脱とは、
 骨盤臓器(直腸・子宮・膀胱・小腸)が膣や肛門から脱出する疾患のことをいいます。
 直腸瘤・子宮脱・膀胱瘤・直腸脱など、さまざまなものがあります。

 辻仲病院柏の葉では年間100例前後の
 直腸瘤の手術(経膣的手術・経肛門的手術)を行っております。
 千葉県・茨城県・埼玉県を中心に、全国各地から直腸瘤で悩む方が多数受診されています。


 辻仲病院柏の葉 骨盤臓器脱専門外来 
 (管理者〔赤木〕は 火曜午後・木曜午後・金曜午後 を担当しています)



関連サイト:gpro.com 骨盤臓器脱

「直腸瘤」の関連記事
直腸瘤まとめ直腸瘤とはなにか直腸瘤はどの診療科を受診すればいい?直腸瘤の原因直腸瘤の症状直腸瘤はどんな人にできやすい?直腸瘤に合併する病気は?直腸瘤の診察直腸瘤の検査直腸瘤の治療(保存的治療)直腸瘤の手術:どの術式がいいの?直腸瘤だけ手術で治せばいいの?直腸瘤の手術(経肛門的手術)直腸瘤の手術(経膣的手術)直腸瘤のメッシュ手術(TVM手術)直腸瘤の手術成績




※ 管理者の近年の「骨盤臓器脱(直腸瘤・直腸脱)」に関する依頼原稿・講演・学会発表など


(依頼原稿)
骨盤臓器脱に対するtension-free vaginal mesh手術 (TVM手術)
「外科」 南江堂 2014

(依頼原稿)
大腸肛門科専門病院における直腸脱と骨盤臓器脱の合併例に対する治療
日本女性骨盤底医学会誌 2013

(学会発表:シンポジウム)
大腸肛門科専病院における骨盤臓器脱への取り組みと現状
骨盤外科機能温存研究会(名古屋) 2014

(学会発表:ワークショップ)
大腸肛門科専門病院における骨盤臓器脱治療
日本外科系連合学会学術集会(東京) 2014

(学会発表)
骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)を合併する直腸脱に対する治療
大腸肛門病学会(横浜) 2014

(講演)
骨盤臓器脱:診断と治療
第三回東葛地域医療セミナー(柏) 2014

(学会発表)
骨盤臓器脱と直腸肛門疾患の合併例に対する治療
日本女性骨盤底医学会 (弘前) 2014

(講演:国際シンポジウム)
Surgical treatment for rectocele
〔直腸瘤(骨盤臓器脱)の外科的治療〕
Asian Pacific Proctology Congress (アジア太平洋肛門病学会:ソウル) 2013

(学会発表:国際学会)
Transvaginal rectocele repair
〔直腸瘤(骨盤臓器脱)の経膣的手術〕
Eurasian Colorectal Technologies Association (シンガポール) 2013

(学会発表:要望演題)

大腸肛門科専門病院における骨盤臓器脱(直腸脱・性器脱)の治療方針および成績
日本消化器外科学会総会:要望演題 (宮崎) 2013

(講演)
よくわかる直腸・肛門・骨盤底疾患 (骨盤臓器脱・直腸脱・痔核・痔瘻・裂肛の治療)
消化器薬物療法カンファレンス(千葉) 2013

(学会発表)
直腸脱と骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤)の合併例に対する治療戦略
日本大腸肛門病学会総会(東京) 2013

(学会発表)
大腸肛門科専門病院における直腸瘤手術:経肛門的手術と経腟的手術
日本女性骨盤底医学会 (東京) 2013

(学会発表)
骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)と直腸脱の合併例に対する治療
TVM研究会 (福岡) 2013

(学会発表)
大腸肛門科専病院における直腸脱の治療戦略
日本女性骨盤底医学会 (大阪) 2012

(学会発表)
直腸脱と子宮脱の合併例に対する治療戦略
日本女性骨盤底医学会 (大阪) 2012

(学会発表)
大腸肛門科専門病院における直腸脱の治療戦略
臨床外科学会千葉県支部会〔千葉県外科医会〕 (千葉) 2012

(学会発表:国際学会)
Therapeutic strategy for vaginal prolapse and rectal prolapse
〔骨盤臓器脱と直腸脱の治療戦略〕
International College of Surgeons (ICS) 2012

(学会発表)
大腸肛門科専門病院における骨盤臓器脱の手術
臨床外科学会千葉県支部会〔千葉県外科医会〕 (千葉) 2012

(講演)
よくわかる骨盤底疾患
第二回東葛地域医療セミナー (柏) 2012

(学会発表:ビデオシンポジウム)
当院における直腸瘤手術:術式の選択基準とその変遷
日本大腸肛門病学会総会:ビデオシンポジウム(東京) 2011

(学会発表:国際学会)
transvaginal rectocele repair with mesh: experience of 95 cases
〔直腸瘤に対する経膣的メッシュ手術〕
6th. Scientific & Annual Meeting of European Society of Coloproctology (ESCP:コペンハーゲン) 2011

(学会発表:ビデオシンポジウム)
大腸肛門科専門病院における直腸瘤の治療方針と成績
第66回日本消化器外科学会総会:ビデオシンポジウム VSY4-9 (名古屋) 2011

(学会発表)
メッシュを用いた最新の骨盤臓器脱手術(TVM手術)
第44回成医会柏支部例会(柏) 2011

(講演)
よくわかる骨盤臓器脱
第一回東葛地域医療セミナー (柏) 2011

(学会発表)
直腸脱の治療方針および再発率を可能な限り低くする術式(486例の検討) :肛門疾患懇談会(広島) 2010

(学会発表)
デロルメ法:正確な層で安全に粘膜剥離を行う技術 :肛門疾患懇談会(名古屋) 2010