骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん
 全国最大級の大腸肛門科・骨盤底外科専門病院 辻仲病院柏の葉(柏市)



直腸粘膜脱症候群

・直腸の前壁(おなか側)に炎症が起こり、出血などの症状が起こる。
・強くいきむ習慣をやめて、便通を整えることで治ってくることが多い。


直腸粘膜脱症候群は、排便障害の一種。

直腸の前壁(おなか側)に炎症が起こる。

潰瘍のように見えたり、痔核のように脱出することもある。


(どんな病気か)
排便時に長時間いきむことによって、直腸の粘膜が刺激を受けて炎症が起こる。
潰瘍のように見えたり、痔核のように脱出してきたりと色々なタイプがある。

(症状)
残便感や頻便感が起こる。
出血したり粘膜が脱出することもある。

(診断)
大腸内視鏡検査で診断をつける。
直腸癌と間違われることがあるが、組織を顕微鏡でしらべると区別がつく。

(治療)
直腸粘膜脱症候群の治療は、薬や生活習慣の改善といった保存的療法が基本となる。
排便時に長時間いきむのをやめることがもっとも重要。
緩下剤の内服でスムーズな排便を心掛ける。

保存的治療に反応せず出血を繰り返したり、痔核のように大きく脱出する場合には切除を考慮することもある。
ただし直腸粘膜脱症候群に対する手術療法の評価は確立されていない(と思う)。