骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



直腸粘膜脱

・直腸の粘膜がたるんで脱出してくる状態を直腸粘膜脱という。

・薬では治らないので、手術や硬化療法などで治療を行う。


直腸の粘膜がたるんで、脱出してくる状態を直腸粘膜脱という。

不完全直腸脱と呼ぶこともある。
一見痔核と似ているが、よく見れば区別することができる。
治療はゴム輪けっさつ療法(マックギブニー法)や・・・
硬化療法(ジオン)で対処することが多い。
全周が脱出するタイプのものは、PPHという器械を用いて治療することもある。
痔核のように丸く脱出してくる場合には、痔核に準じてけっさつ切除術を行うこともある。