骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



直腸脱と肛門機能障害


直腸脱を有する人の多くは、肛門のしまりがゆるくなって便失禁を伴っている。

手術前に、「肛門内圧検査」を行って、括約筋のしまりを評価する必要がある。
肛門内圧が正常の人にくらべて何分の一に低下していることもよくある。


括約筋の機能が低下している場合には、ティールシュ法でゆるくなった肛門のしまりを補強したり、手術時に括約筋を縫い縮めたりすることがある。


術後に肛門括約筋の筋力トレーニング(バイオフィードバックなど)を行うこともある。


手術がうまくいって直腸が脱出しなくなったら、括約筋の機能もある程度改善してくることが多い。



「直腸脱」の関連記事
直腸脱まとめ直腸脱とはなにか直腸脱の原因直腸脱の症状直腸脱の診断直腸脱のタイプ:完全直腸脱と不完全直腸脱直腸脱は痔核とどう違うのか直腸脱はどんな人に多い?直腸脱と肛門機能障害直腸脱の術式を比較する直腸脱の手術(デロルメ法)直腸脱の手術(三輪-Gant法)直腸脱の手術(ティールシュ法)直腸脱の手術(硬化療法)直腸脱の手術(直腸固定術)直腸脱術後の再発について