骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



直腸脱とはなにか

・直腸脱とは、直腸が肛門から脱出してくる状態のことをいう。

・直腸脱は高齢の女性に多い。

・直腸脱を治すには手術が必要。



正常の状態では、直腸は肛門の奥の方に固定されている。



図のように直腸が肛門から脱出してくる状態を、直腸脱という。





(解説)

直腸脱とは、読んで字のごとく、直腸が肛門から飛び出してくる病気のことをいいます。

脱出する腸の長さはさまざまで、ほんのちょっとしか脱出しない人もいれば、30cmくらい脱出するケースもあります。

直腸脱は高齢の女性によく見られる病気です。
年を取るにつれて、肛門括約筋のしまりがしだいに弱くなってくるのが、直腸脱の発症に大きくかかわっています。

直腸脱の方が「脱出する」といって肛門科を受診されても、診察時には脱出していないこともよくあります。
この場合、まれに痔核と間違われることがあるので、注意が必要となります。

直腸脱は薬では治らないので、手術が必要となります。

高齢化社会の進行に伴って、直腸脱で悩む方は今後も増えていくと思われます。


「直腸脱」の関連記事
直腸脱まとめ直腸脱とはなにか直腸脱の原因直腸脱の症状直腸脱の診断直腸脱のタイプ:完全直腸脱と不完全直腸脱直腸脱は痔核とどう違うのか直腸脱はどんな人に多い?直腸脱と肛門機能障害直腸脱の術式を比較する直腸脱の手術(デロルメ法)直腸脱の手術(三輪-Gant法)直腸脱の手術(ティールシュ法)直腸脱の手術(硬化療法)直腸脱の手術(直腸固定術)直腸脱術後の再発について