骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん


直腸脱の術式を比較する

・直腸脱の手術は、経肛門的手術と経腹的手術に分けられる。

・直腸脱の大半は高齢者に生じるので、まず侵襲(ダメージ)の少ない経肛門的手術が選択される。

・経腹的手術は経肛門的手術より侵襲が大きい手術なので、これを行う状況は限定される。

・ここではわれわれの施設で日常的に行われている術式について解説する。


長所 短所

デロルメ法
(経肛門的手術)


全身麻酔が不要で肛門側から行えるので、侵襲(ダメージ)が少なく高齢者に
向いた術式。


長年にわたる術式改良により、経肛門的手術のなかではもっとも再発の少ない方法となっている。



すべての直腸脱に行えるわけではない。

「きわめて大きい直腸脱」や、「過去に経肛門的手術を繰り返して癒着しているような直腸脱」には行えないことがある。

粘膜を切って縫うので、一定の割合で出血や感染を起こすリスクがある。


三輪-Gant法

(経肛門的手術)


全身麻酔が不要で肛門側から行える。

もっとも手技が簡便で、侵襲(ダメージ)が少ない術式のひとつ。

日本ではもっとも多くの施設で行われている術式。


(私の知る限り)日本独自の発展をとげた国内限定の術式。
欧米では行われていない。

硬化療法

(経肛門的手術)


全身麻酔が不要で肛門側から行える。

注射を打つだけなので、三輪-Gant法と並んで侵襲がもっとも少ない方法。


切ったり縫ったりしなくてすむ分、再発率は高くなる。

日本ではまだ実績が浅い治療法であり、長期成績は明らかとなっていない。


ティールシュ法

(経肛門的手術)


全身麻酔が不要で肛門側から行える。


肛門の締まりがゆるい場合、再発を予防する目的で、他の術式と同時に行われる。


通常直腸脱に対してこれだけ行うことはない。


デロルメ法や三輪-Gant法の補助として同時に行われるのが普通。


直腸固定術

(経腹的手術)


「経肛門的手術を行っても再発を繰り返す直腸脱」

「全身麻酔のリスクが低い若い人で、かつ大きく脱出する直腸脱」

このような状況では、直腸固定術が選択される。


経腹的手術と経肛門的手術の成績はどちらがすぐれているか、まだはっきりした結論は出ていない。(参考:

全身麻酔が必要であり、さらにおなかを切って内臓を切ったり縫ったりする必要があり、手術時間も経肛門的手術よりだいぶ長くかかる。

だからこの直腸固定術を行う状況は限定される。



※われわれの施設における、おおまかな術式の選択基準

経肛門的手術(デロルメ法・硬化療法・三輪-Gant法など)を第一選択としている。 
肛門の締まりがゆるい場合にはティールシュ法を同時に行うことがある。

「経肛門的手術で再発を繰り返す場合」
「若い人で重度の直腸脱」
などの場合に限定して、直腸固定術を考慮する。




(解説)

直腸脱の手術には、これまでにじつにいろいろな方法があったそうです(数十種類はあるそうです)。
これは、決定版となる術式がなかなか確立されなかったことを意味します。

この中で、長い年月をかけて生き残ったものが、ここに示した数種類の術式です。

実際には、ここにあげたすべての術式に対応できる病院は、ごく一部の先進的な大腸肛門科専門病院に限られているのが現状です。
おそらく全国にも数えるほどしかないでしょう。


どの術式を選択するかは施設によって考え方が異なっており、病院によってバラバラなのが現状です。

直腸脱の大半は高齢女性に生じるので、われわれの施設では、まず侵襲(ダメージ)の小さい経肛門的手術を選択することが多くなっています。

経肛門的手術には、上にあげたデロルメ法・三輪-Gant法・硬化療法・ティールシュ法などいろいろなものがありまして、患者さんの状態にあわせて最適な術式を選択していくことになります。





「直腸脱」の関連記事
直腸脱まとめ直腸脱とはなにか直腸脱の原因直腸脱の症状直腸脱の診断直腸脱のタイプ:完全直腸脱と不完全直腸脱直腸脱は痔核とどう違うのか直腸脱はどんな人に多い?直腸脱と肛門機能障害直腸脱の術式を比較する直腸脱の手術(デロルメ法)直腸脱の手術(三輪-Gant法)直腸脱の手術(ティールシュ法)直腸脱の手術(硬化療法)直腸脱の手術(直腸固定術)直腸脱術後の再発について