東京の肛門科・痔・大腸内視鏡検査なら・・・

肛門科の病気大腸内視鏡検査・大腸の病気症状から病気を診断
肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンクHOMEへ


直腸脱の手術:PPH

・直腸脱の手術:PPH法について。
・粘膜だけが脱出してくる不完全直腸脱(直腸粘膜脱)の治療にもちいられる。
・筋層が脱出してくる完全直腸脱はこれでは治せない。


左写真のような器具を用いて行う。
PPHは、粘膜だけが脱出してくる不完全直腸脱(直腸粘膜脱)の治療にもちいられる。

図のように、全周の粘膜が均等に脱出してくる場合、このPPHできれいに治すことができる。

粘膜が一箇所だけおおきく脱出する場合には、この方法で治すことはできない。
PPHは粘膜だけをつり上げて固定する方法なので、筋層を含めた直腸全層が脱出してくる完全直腸脱はこれでは治せない。
PPHという器械を用いて、たるんで脱出してくる直腸粘膜をドーナツ状に切り取り、奥の方に吊り上げる。



直腸粘膜はリング状に切除される。





(解説)

このPPHという器械を用いる方法は、痔核の治療法として行われているものです。
この治療法を直腸脱に応用して行うわけです。

直腸粘膜だけが脱出する「不完全直腸脱」であれば、この方法で治すことができます。
いっぽう筋層も含めて直腸全層が脱出してくる「完全直腸脱」はこれでは治せないので、デロルメ法などを行う必要があります。

図のように全周の粘膜が均等に脱出する場合、このPPHできれいに治すことができます。
いっぽう粘膜が一箇所だけおおきく脱出する場合には、この方法で治すことはできないので、痔核根治手術に準じてけっさつ切除術が行われることもあります。



「直腸脱」の関連記事
直腸脱まとめ直腸脱とはなにか直腸脱の原因直腸脱の症状直腸脱の診断直腸脱のタイプ:完全直腸脱と不完全直腸脱直腸脱はどんな人に多い?直腸脱と肛門機能障害直腸脱の術式を比較する直腸脱の手術(デロルメ法)直腸脱の手術(アルトマイヤー法)直腸脱の手術(三輪-Gant法)直腸脱の手術(ティールシュ法)直腸脱の手術(硬化療法)直腸脱の手術(PPH)直腸脱の手術(直腸固定術)直腸脱術後の再発について





 よくわかる大腸・肛門科 HOMEへ

症状から病気を診断肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンク
大腸内視鏡検査・大腸の病気 (大腸内視鏡検査大腸ポリープ便潜血・・・)
肛門科の病気 (痔核痔ろう・肛門周囲膿瘍裂肛直腸脱直腸瘤・・・)