東京・千葉・茨城の直腸脱治療なら・・・

肛門科の病気大腸内視鏡検査・大腸の病気症状から病気を診断
肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンクHOMEへ


直腸脱まとめ


直腸脱まとめ
直腸脱とは、直腸が肛門から脱出してくる状態のことをいいます。
高齢の女性によく見られる病気です。

直腸脱は脱出の程度に応じて、完全直腸脱と不完全直腸脱があります。

脱出する腸の長さはさまざまで、ほんのちょっとしか脱出しない人もいれば、30cmくらい脱出するケースもあります。

直腸脱は通常排便時だけ脱出して、排便後には戻ることが多いのですが、重症化すると脱出したままになります。
このような場合、出血や痛みを伴ってくることもあります。(参照:直腸脱の症状

また、直腸脱がさらに重症化した場合には、直腸がおおきく腫れて戻らなくなることもあります。(かんとん直腸脱)


直腸脱がある人の多くは、肛門のしまりがゆるくなって便失禁を伴っています。
また、子宮脱や膀胱脱といった他の臓器の脱出を伴っていることもあります。


直腸脱は薬では治らないので、手術が必要となります。

直腸脱の術式には、デロルメ法三輪-Gant法アルトマイヤー法直腸固定術などいろいろなものがあります。
それぞれ長所と短所があるので、患者さんの状況に応じて最適な術式を使い分ける必要があります。


残念ながら現代の医学では、直腸脱の患者さんを全員一回の手術で治すのは不可能であり、どうしても一定割合の再発があります。
(参照:直腸脱術後の再発について

全身麻酔のリスクに耐えられる若い人であれば、直腸固定術(経腹的手術)を行えばほとんど再発しないのですが、全身麻酔のリスクが高い高齢者では経肛門的手術を行わざるを得ないため、再発率は経腹的手術よりどうしても高くなります。

このような場合、再発を繰り返して何回も手術が必要となるケースもまれでありません。


管理者の近年の「直腸脱」に関する学会発表
直腸脱の治療方針および再発率を可能な限り低くする術式(486例の検討) :肛門疾患懇談会(広島) 2010年
デロルメ法:正確な層で安全に粘膜剥離を行う技術 :肛門疾患懇談会(名古屋) 2010年


 ●直腸脱専門外来について●

 辻仲病院柏の葉(千葉県柏市) および アルト新橋クリニック(東京都港区)では、
 「臓器脱外来」にて直腸脱の専門診療を行っております。


 辻仲病院柏の葉では、年間50例以上の直腸脱の手術を行っております。
 当院で行われている直腸脱の手術件数は千葉県最多であり、全国でもトップクラスに位置しています。

 辻仲病院柏の葉 臓器脱外来 毎週木曜午後 (担当医師:赤木一成〔大腸肛門科〕)
 アルト新橋クリニック 毎週月曜・金曜 (担当医師:赤木一成〔大腸肛門科〕)


千葉県および茨城県にお住まいの方は、木曜午後に辻仲病院柏の葉(千葉県柏市)受診をお勧めいたします。

東京都内にお住まいであれば、月曜または金曜に東京都港区のアルト新橋クリニック受診をお勧めします。
直腸脱で入院手術が必要と判断された場合には、千葉県柏市の本院・辻仲病院柏の葉を紹介いたします。



「直腸脱」の関連記事
直腸脱まとめ直腸脱とはなにか直腸脱の原因直腸脱の症状直腸脱の診断直腸脱のタイプ:完全直腸脱と不完全直腸脱直腸脱はどんな人に多い?直腸脱と肛門機能障害直腸脱の術式を比較する直腸脱の手術(デロルメ法)直腸脱の手術(アルトマイヤー法)直腸脱の手術(三輪-Gant法)直腸脱の手術(ティールシュ法)直腸脱の手術(硬化療法)直腸脱の手術(PPH)直腸脱の手術(直腸固定術)直腸脱術後の再発について





 よくわかる大腸・肛門科 HOMEへ

症状から病気を診断肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンク
大腸内視鏡検査・大腸の病気 (大腸内視鏡検査大腸ポリープ便潜血・・・)
肛門科の病気 (痔核痔ろう・肛門周囲膿瘍裂肛直腸脱直腸瘤・・・)