骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん


直腸脱徹底解説







直腸脱は、直腸が肛門から脱出してくる疾患です。
(ときに直腸瘤という病気が「直腸脱」と呼ばれていることがありますが、この二つは異なるものです。)

この直腸脱は、高齢の女性によく見られます。

直腸脱は脱出の程度に応じて、完全直腸脱と不完全直腸脱があります。

脱出する腸の長さはさまざまで、ほんのちょっとしか脱出しない人もいれば、30cmくらい脱出するケースもあります。

直腸脱は通常排便時だけ脱出して、排便後には戻ることが多いのですが、重症化すると脱出したままになります。
このような場合、出血や痛みを伴ってくることもあります。(参照:直腸脱の症状

また、直腸脱がさらに重症化した場合には、直腸がおおきく腫れて戻らなくなることもあります。(かんとん直腸脱)

直腸脱を有する人の多くは、肛門のしまりがゆるくなって便失禁を伴っています。
また、子宮脱や膀胱脱といった他の臓器の脱出を伴っていることもあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


直腸脱を治すには手術が必要です。自然に治ることはありません。

直腸脱の手術は、肛門側から行う手術(経肛門的手術)と、おなかの中から行う手術(経腹的手術)の二種類に分けられます。

経肛門的手術にはデロルメ法三輪-Gant法などがあり、経腹的手術には腹腔鏡下直腸固定術が行われています。


●経肛門的手術

経肛門的手術は・・・
・体の負担の軽い腰椎麻酔(下半身麻酔)や局所麻酔で行うことができ、
・肛門側から行う手術なので、おなかを切る必要も無く、
・だからおなかの中から内臓を切ったり縫ったりする必要も無く、
・しかも短時間で終わる
などの長所があります。

直腸脱の大半は高齢者に生じるので、まず体への侵襲(ダメージ)が小さい経肛門的手術を選択することが多くなります。


●経腹的手術

経腹的手術は、おなかを切っておなかの中から行う手術で、やることは直腸癌の手術と似ています。

最近では腹腔鏡手術という、カメラ機械を用いた手術を行うことで、小さい傷で手術を行うことができるようになっています。

経腹的手術は、おなかの中から行う手術なので、全身麻酔が必要です。
この全身麻酔を「高齢者」とか「心臓や肺の弱い人」にかけるには、一定のリスクを伴うため、経腹的手術は体力のある若い人の直腸脱に行うことが多くなります。

また経腹的手術は、おなかの中から内臓を切ったり縫ったりする必要があり、さらに経肛門的手術よりもだいぶ長い手術時間を要するという短所もあります。

だからこの経腹的手術を選択する状況は限られます。われわれの施設で経腹的手術を選択する状況は・・・
 「全身麻酔のリスクが低い若い人で、かつ大きく脱出する直腸脱」
 「経肛門的手術で再発を繰り返す直腸脱」
などに限定しています。


●経肛門的手術と経腹的手術はどちらがいいの?  (参考:直腸脱の術式を比較する

経肛門的手術と経腹的手術の成績はどちらがすぐれているのか?

これは諸説あるのですが、まだはっきりした結論が出るには至っていません。(参考:

だからわれわれの施設では、直腸脱の治療方針として、まず侵襲(ダメージ)の小さい経肛門的手術を第一選択としています。
経腹的手術を行うケースは、上記のような限られた状況に限定しています。


経肛門的手術と経腹的手術の両方について十分な経験を有している病院は、全国的にもほとんど存在しないのが現状です。

われわれの施設は、おそらく全国最多の直腸脱手術実績を有しています。

直腸脱の状況に応じて、経肛門的手術と経腹的手術から最適な術式を選択して治療に取り組んでいます。

長年にわたって術式改良を積み重ねてきた結果、近年の治療成績は過去と比べて飛躍的に向上してきています。


 

 ●直腸脱専門外来について●


 辻仲病院柏の葉(千葉県柏市) では、
 「骨盤臓器脱専門外来」にて直腸脱の専門診療を行っております。


 骨盤臓器脱とは、
 骨盤臓器(直腸・子宮・膀胱・小腸)が膣や肛門から脱出する疾患のことをいいます。
 直腸脱・子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤など、さまざまなものがあります。

 辻仲病院では年間約100例・通算2000例近い直腸脱の手術を行っており、
 これはおそらく全国最多の手術実績です。

 千葉県・茨城県・埼玉県を中心に、全国各地から直腸脱で悩む方が多数受診されています。


 辻仲病院柏の葉 骨盤臓器脱専門外来 
 管理者(赤木)は火曜午後・金曜午後を担当しています。 
 
 辻仲病院柏の葉:04-7137-3737 
 予約専用電話(スムーズに予約が取れます):04-7137-6283 (14:00〜17:00 日曜祝日除く)



「直腸脱」の関連記事
直腸脱まとめ直腸脱とはなにか直腸脱の原因直腸脱の症状直腸脱の診断直腸脱のタイプ:完全直腸脱と不完全直腸脱直腸脱は痔核とどう違うのか直腸脱はどんな人に多い?直腸脱と肛門機能障害直腸脱の術式を比較する直腸脱の手術(デロルメ法)直腸脱の手術(三輪-Gant法)直腸脱の手術(ティールシュ法)直腸脱の手術(硬化療法)直腸脱の手術(直腸固定術)直腸脱術後の再発について





※ 管理者の近年の「骨盤臓器脱(直腸脱・直腸瘤)」に関する依頼原稿・講演・学会発表など

(依頼原稿)
骨盤臓器脱に対するtension-free vaginal mesh手術 (TVM手術)
「外科」 南江堂 2014

(依頼原稿)
大腸肛門科専門病院における直腸脱と骨盤臓器脱の合併例に対する治療
日本女性骨盤底医学会誌 2013

(学会発表:シンポジウム)
大腸肛門科専病院における骨盤臓器脱への取り組みと現状
骨盤外科機能温存研究会(名古屋) 2014

(学会発表:ワークショップ)
大腸肛門科専門病院における骨盤臓器脱治療
日本外科系連合学会学術集会(東京) 2014

(学会発表)
骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)を合併する直腸脱に対する治療
大腸肛門病学会(横浜) 2014

(講演)
骨盤臓器脱:診断と治療
第三回東葛地域医療セミナー(柏) 2014

(学会発表)
骨盤臓器脱と直腸肛門疾患の合併例に対する治療
日本女性骨盤底医学会 (弘前) 2014

(講演:国際シンポジウム)
Surgical treatment for rectocele
〔直腸瘤(骨盤臓器脱)の外科的治療〕
Asian Pacific Proctology Congress (アジア太平洋肛門病学会:ソウル) 2013

(学会発表:国際学会)
Transvaginal rectocele repair
〔直腸瘤(骨盤臓器脱)の経膣的手術〕
Eurasian Colorectal Technologies Association (シンガポール) 2013

(学会発表:要望演題)
大腸肛門科専門病院における骨盤臓器脱(直腸脱・性器脱)の治療方針および成績
日本消化器外科学会総会:要望演題 (宮崎) 2013

(講演)
よくわかる直腸・肛門・骨盤底疾患 (骨盤臓器脱・直腸脱・痔核・痔瘻・裂肛の治療)
消化器薬物療法カンファレンス(千葉) 2013

(学会発表)

直腸脱と骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤)の合併例に対する治療戦略
日本大腸肛門病学会総会(東京) 2013

(学会発表)
大腸肛門科専門病院における直腸瘤手術:経肛門的手術と経腟的手術
日本女性骨盤底医学会 (東京) 2013

(学会発表)
骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)と直腸脱の合併例に対する治療
TVM研究会 (福岡) 2013

(学会発表)
大腸肛門科専病院における直腸脱の治療戦略
日本女性骨盤底医学会 (大阪) 2012

(学会発表)
直腸脱と子宮脱の合併例に対する治療戦略
日本女性骨盤底医学会 (大阪) 2012

(学会発表)
大腸肛門科専門病院における直腸脱の治療戦略
臨床外科学会千葉県支部会〔千葉県外科医会〕 (千葉) 2012

(学会発表:国際学会)
Therapeutic strategy for vaginal prolapse and rectal prolapse
〔骨盤臓器脱と直腸脱の治療戦略〕
International College of Surgeons (ICS) 2012

(学会発表)
大腸肛門科専門病院における骨盤臓器脱の手術
臨床外科学会千葉県支部会〔千葉県外科医会〕 (千葉) 2012

(講演)
よくわかる骨盤底疾患
第二回東葛地域医療セミナー (柏) 2012

(学会発表:ビデオシンポジウム)
当院における直腸瘤手術:術式の選択基準とその変遷
日本大腸肛門病学会総会:ビデオシンポジウム(東京) 2011

(学会発表:国際学会)
transvaginal rectocele repair with mesh: experience of 95 cases
〔直腸瘤に対する経膣的メッシュ手術〕
6th. Scientific & Annual Meeting of European Society of Coloproctology (ESCP:コペンハーゲン) 2011

(学会発表:ビデオシンポジウム)
大腸肛門科専門病院における直腸瘤の治療方針と成績
第66回日本消化器外科学会総会:ビデオシンポジウム VSY4-9 (名古屋) 2011

(学会発表)
メッシュを用いた最新の骨盤臓器脱手術(TVM手術)
第44回成医会柏支部例会(柏) 2011

(講演)
よくわかる骨盤臓器脱
第一回東葛地域医療セミナー (柏) 2011

(学会発表)
直腸脱の治療方針および再発率を可能な限り低くする術式(486例の検討) :肛門疾患懇談会(広島) 2010

(学会発表)
デロルメ法:正確な層で安全に粘膜剥離を行う技術 :肛門疾患懇談会(名古屋) 2010