骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸内視鏡検査の鎮静剤について



鎮静剤を使用する際には、「安全性」と「楽な検査」のふたつを考慮する必要があります。

われわれの施設では、軽い鎮静剤を用いて「安全性」と「楽な検査」の両立をはかっています。



大腸内視鏡検査を行う際には、検査を楽に受けてもらうために鎮静剤を使用する病院が多いです。

無痛大腸内視鏡検査法(ストレート法)は苦痛が少ない検査法なので、この方法で大腸内視鏡検査を行う場合には、鎮静剤はかならずしも必要ではありません。

とくに大腸が短いことが多い中肉中背の男性であれば、検査時に苦痛を生じるリスクはほとんどありません。いっぽう、若くて敏感な女性や、婦人科の手術で大腸が癒着している方などは、どんなに上手な医師が検査しても少々痛みが生じるケースがあります。

鎮静剤を使うには手間がかかり、リスクも0ではないので、鎮静剤使用の考え方は病院によってかなり違いがあります。


(強い鎮静剤を使用する場合はどうなるか)

鎮静剤の副作用が起こったり、検査で大腸を傷つけても気づかなくなるリスクが高くなります。

多くの病院で行われている通常の大腸内視鏡挿入法(ループ挿入法)は強い痛みを生じることがあるので、この方法で大腸内視鏡検査を行っている病院では強い鎮静剤を使っているところが多いです。

この場合、患者さんは検査中にはドロドロに眠ってしまい、痛みを訴えなくなります。

痛みは「大腸に無理な負担がかかっている」ことを示す重要なサインです。このサインがわからないと、大腸を傷つけても気づかないリスクが生じます。

さらに、鎮静剤は呼吸抑制という副作用もあります。強い鎮静剤では、呼吸が浅くなって脳に酸素がいかなくなり、危険度が高くなるという恐れもあります。


(鎮静剤を使用しない場合はどうなるか)

よほどの達人が行わない限り、検査の苦痛が強くなるリスクがあります。

鎮静剤の手間やリスクを嫌って、鎮静剤を使用せずに大腸内視鏡検査を行うことにこだわる医師もいます。

すべての患者さんに苦痛のない検査をおこなえる医師であれば、もちろんこの方法がベストですが、あまり現実的ではありません。

私はこれまでに大腸内視鏡検査の上手な先生を何人も見学していますが、ほとんどの医師が多かれ少なかれ鎮静剤を使用しています。

鎮静剤を使用しないことにこだわるあまり、患者さんに強い苦痛を与えてしまうと、その人は二度と大腸内視鏡検査を受けようとは思わなくなります。そのため大腸がんや大腸ポリープを早期発見して、治療するチャンスを失ってしまうというリスクが生じます。

その人は家族や知人にも、「大腸内視鏡検査は二度とうけたくない」と話すでしょうから、その話を聞いた人たちも大腸内視鏡検査を受けようとは思わなくなるでしょう。

医師のこだわりのために、何人もの方が大腸がんで命を落とすリスクをかかえることになるかもしれないのです。


(現時点でのわれわれの方法)

われわれの施設では、大腸内視鏡検査を行う際には軽い鎮静剤を使用しています。
この方法であれば副作用や腸を傷つけるリスクはまずありません。

無痛大腸内視鏡検査法(ストレート法)で検査を行っているので、強い鎮静剤を使用しなくても苦痛を訴えることはほとんどありません。

いいことずくめのことを言っているように見えますが、膨大な経験と試行錯誤の末にようやく到達した、われわれの現時点におけるベストの大腸内視鏡検査の姿だと理解していただければと思います。



「大腸内視鏡検査について」の関連記事
大腸内視鏡検査はどうやるの?手順は?検査スケジュールどうしても下剤を飲まなければダメ?どれくらい時間がかかりますか?検査の日には、仕事は休んだ方がいいの?検査が終わったら運転してもいいの?大腸内視鏡検査は苦しくないの?楽な大腸内視鏡検査が受けたいです。どこに行けばいいの?大腸内視鏡検査の鎮静剤について