骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸内視鏡検査の日には、仕事は休んだ方がいいの?



大腸内視鏡検査を受ける日には、仕事はお休みして予定を入れない方が安全です。


大腸内視鏡検査を受ける日には、仕事の予定を調整する必要があります。

大腸内視鏡検査は、午後に受けるプランと午前中に受けるプランがあります。



・大腸内視鏡検査を午後に受ける場合

午後に検査を受ける場合には、早起きする必要はありません。
ゆっくりおきてから下剤を飲み始めればいいので、時間的にはゆとりがあります。

検査を午後に受けた場合、休憩してから帰宅する時間は通常夕方になります。
ですから、この場合は帰宅後に仕事をするのはおそらく無理だと思います。


・大腸内視鏡検査を午前中に受ける場合

午前中に検査を受ける場合には、早朝から下剤を飲んでいただく必要があるので早起きが必要ですが、検査はお昼ごろに終了して帰ることができます。
ですから、午後の遅い時間からであれば、多少の予定をこなす余裕はあるかもしれません。
(鎮静剤を使用しているので、車の運転は厳禁ですが)

ただこの場合であっても、大腸ポリープを切除(大腸ポリペクトミー)したり、気分不良などの予期せぬ事態が起こった場合には、予定をキャンセルせざるをえなくなるかもしれません。


ですから、大腸内視鏡検査を受ける日には、できるだけ仕事はお休みにして予定を入れないほうが安全です。



「大腸内視鏡検査について」の関連記事
大腸内視鏡検査はどうやるの?手順は?検査スケジュールどうしても下剤を飲まなければダメ?どれくらい時間がかかりますか?検査の日には、仕事は休んだ方がいいの?検査が終わったら運転してもいいの?大腸内視鏡検査は苦しくないの?楽な大腸内視鏡検査が受けたいです。どこに行けばいいの?大腸内視鏡検査の鎮静剤について