骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



生理中でも肛門科受診・手術・大腸内視鏡検査は大丈夫?



生理中の方でも、肛門科受診・手術・大腸内視鏡検査などを受けるのは支障ありません。



「生理中だけど肛門科を受診しても大丈夫ですか?」
「大腸内視鏡検査は受けられますか?」
「手術の日を変更しなくても大丈夫ですか?」

大腸肛門科の病気で悩む女性はたいへん多いです。
特に都心の大腸肛門科には若い女性が多く受診されるので、上記のような質問を毎日のようにいただきます。


結論から言えば、生理中の方であっても、通常の時と同じように肛門科の診療を受けることは可能です。

痔の手術や大腸内視鏡検査を予定している方であっても、わざわざ日程を変更する必要はありません。



「肛門科・大腸肛門科の受診について」の関連記事
肛門科って何するところ?大腸肛門科とは?痔の治療は大腸肛門科の専門病院がいいのでしょうか?大腸肛門科の良い医師を見つける方法は?表示してある診療科目から大腸肛門科を得意とする医師を見つけるには?ホームページを見て大腸肛門科病院の実力を判断できる?痔を市販薬や通販の薬で治療してても大丈夫?恥ずかしくありませんか?痛くありませんか? いきなり切られたりしませんか?生理中でも肛門科受診・手術・大腸内視鏡検査は大丈夫?妊娠中でも肛門科の薬を使って大丈夫?肛門科を受診する人のうち、手術が必要になる割合はどれくらいですか?費用は?健康保険は使えますか?生命保険の手術給付金はおりますか?