骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



裂肛の予防法



裂肛の予防法は、痔核の予防法とほぼ同じ(参考:便秘の一般的な予防法)。

「長時間いきまない」ことと「便通をととのえる」ことが重要。


・排便時の注意事項

排便時に長時間いきまない。
便を完全に出し切ろうとせず、短時間で切り上げる。


・食事と生活の注意事項

便秘を予防することが重要。

便秘の3大予防法:食物繊維、水分、歩くこと。
また、便秘のときは大腸に病気がないことを確認しておくことも重要。


上記の方法で十分な改善が得られないときは、緩下剤で軟らかめの便を保つ。

下痢の人も、肛門上皮を強く刺激してしまうので裂肛になりやすい。

ずっと下痢気味の人は、下痢しやすい食事(アルコールや辛いもの)をひかえて、整腸剤を処方することが多い。



裂肛・肛門狭窄の関連記事
裂肛(切れ痔)・肛門狭窄 まとめ裂肛とはなにか・裂肛の原因裂肛の症状裂肛の重症度と治療方針裂肛の予防法裂肛の薬物療法(保存的治療)慢性裂肛の手術肛門狭窄の手術裂肛痔ろうとは