骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



裂肛の症状

・裂肛(切れ痔)の症状で多いものは、痛みと出血。

・慢性裂肛になると、でっぱり(皮垂)を触れるようになる。

・長年裂肛を放置すると、肛門が狭くなってくる。


裂肛の症状: 出血

排便時に出血する。
多くの場合、出血は少量の鮮血。


裂肛の症状: 痛み

排便時や排便後に痛みが起こる。


裂肛の症状: 皮垂 および 肛門ポリープ

慢性の裂肛になると、皮垂という出っ張りを触れるようになる。
(「みはりいぼ」と呼ばれることもある)

肛門ポリープという突起を合併することもあり、これが大きくなると排便時に脱出することもある。


裂肛の症状: 肛門狭窄

長年裂肛を放置しておくと、肛門が狭くなってくる。




(解説)

裂肛(切れ痔)の症状で多いものは、痛みと出血です。

痛みは排便時や排便後に起こるのが特徴的です。
排便と関係ない痛みであれば、裂肛の可能性は高くありません。


出血は鮮血が少量出たり、血液が紙に付着する程度であることが多いです。
大量にボタボタと出血したり、黒っぽい血液が出るようなことはほとんどありません。

患者さんが出血や便潜血陽性で病院を受診された場合、この裂肛や痔核が原因となっていることが多いです。
ただし大腸がんなどの腸の病気が出血の原因となっていることもあるので、大腸肛門科の専門病院ではこのような場合には大腸内視鏡検査をお勧めしています。


裂肛が慢性化している場合には、「出っ張りをふれる」という症状がでてきます。
これは裂肛が慢性化している証拠であり、治すには手術が必要となる可能性が高くなります。

肛門が狭くて便が出にくいという訴えが出てくるようであれば、かなり重症の裂肛である可能性が高いです。
肛門が狭くなっているようであれば、必ず手術が必要です。



裂肛・肛門狭窄の関連記事
裂肛(切れ痔)・肛門狭窄 まとめ裂肛とはなにか・裂肛の原因裂肛の症状裂肛の重症度と治療方針裂肛の予防法裂肛の薬物療法(保存的治療)慢性裂肛の手術肛門狭窄の手術裂肛痔ろうとは