骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



器械を用いた痔核手術(PPH法)

・PPHとは、器械を用いて痔核を吊り上げて治す方法。

・PPHに適したタイプの痔核と適さないタイプの痔核がある。

・PPHに適したタイプの痔核であれば、痛みも軽くきれいに治すことができる。


写真のような器具を用いて手術を行う。


この治療法が使える痔核は限られる。

「大きさがそろった内痔核」や、「直腸粘膜脱」などに用いると成績が良い。

内外痔核・外痔核・一個所だけ大きい内痔核・・・等には使用できない。


器械を用いて、痔核を直腸粘膜と一緒にドーナツ状に切除し、奥の方に吊り上げる。

点線の範囲内が切除されることになる。


手術が終了した状態。

痔核は切除され、上方向につり上げられた状態になっている。




痔核は直腸粘膜といっしょに、リング状に切除される。




・長所

結紮切除術と比べると、痛みが軽い。

直腸粘膜脱やホワイトヘッド肛門には最も有効なので、これらの場合に良く使われる。


・短所

この術式が使える痔核はあまり多くない。

内痔核の治療法なので、外痔核がある場合にはこの術式を行っても改善しない。

リング状に一括して切除するので、一箇所だけ大きい痔核にも使用できない。

裂肛や痔瘻がある場合にも使用できない。

画一的な治療法なので、痔核のサイズや形に合わせた繊細な作業はできない。





(解説)

このPPHという治療法は、登場してまだ数年しかたっていない歴史の浅い痔核の治療法です。

この方法は痔核根治手術と比べると痛みが軽く、うまく決まるときれいに治るので一時期全国の肛門科でかなり頻繁に行われていました。

その後経験を重ねていくにつれて、PPH法が適したタイプの痔と、適していないタイプの痔があるということが分かってきたため、現在では一時期ほど広くは行われなくなってきています(参考:痔核のタイプについて)。

上で示したように、PPHは外痔核や内外痔核には使用できず、一箇所だけ大きい内痔核には使用できません。
また痔ろう裂肛を伴っている場合にも使用することはできません。

ただしPPHが適したタイプの肛門疾患(直腸粘膜脱など)では、従来の切除する方法よりもきれいに治るため、こういうタイプの痔の場合には現在でもよく用いられています。



痔核(いぼ痔・脱肛)の関連記事
痔核(いぼ痔・脱肛) まとめ
痔核とはなにか・痔核の原因痔核の症状痔核のタイプについて痔核の進行度と治療方針痔核の予防法かんとん痔核について痔核の治療法を比較する痔核の薬物療法(保存的治療)痔核の注射療法(パオスクレー)ゴム輪治療法(マックギブニー)痔核硬化療法(ジオン)痔核根治手術(けっさつ切除術)器械を用いた痔核手術(PPH法)痔核手術後の再発について