骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



3 目からうろこ(その1) 大腸内視鏡検査


辻仲病院で見た大腸内視鏡検査は、まさに「目からうろこ」だった。
「これだ!これこそが自分のやりたい大腸内視鏡検査だ!」と瞬時に確信した。

患者さんはリラックスして横になっているうちに、4〜5分程度で大腸の一番奥まで内視鏡が到達し、軽い痛みすら訴える人はほとんどいない。

鎮静剤は軽いものを使っているようで、患者さんは観察時には目を覚ましており、医師と会話しながら検査を受けている。

患者さんは目を覚ましているので、「ここが大腸のいちばん奥で・・・」とか、「大腸ポリープがあるので切除しますよー」などと医師が患者さんに説明している声があちこちで聞かれる。

当然大腸ポリープがあった場合には、その場で説明して同意をとって切除できる。患者さんにしてみれば、一度の大腸内視鏡検査で大腸ポリープ切除まで完結するわけである。


辻仲病院では、あきらかに「本当に痛くない大腸内視鏡検査」が存在していた。

検査のスピードも、当時の自分から見れば圧倒的に早いものだった。
胃カメラも合間にはさみつつ、午前中だけで10件近い大腸内視鏡検査をこなす医師もいた。


私のいる大学病院で大腸内視鏡検査を受ける患者さんより、辻仲病院で大腸内視鏡検査をうける患者さんの方が絶対に幸せだ・・・

地方の大学病院と、全国的に有名な首都圏の大腸肛門科専門病院との差を思い知らされた。


ありがたいことに、辻仲病院の見学の帰りに、辻仲院長に「うちに来ないか」と誘われた。

医局の教授のお許しをもらって、当初は2年間の予定でお世話になることにした。


当初は修行期間を2年間と設定していたので、はじめはあくまでも大腸内視鏡検査の腕を磨くつもりだった。
肛門科はとりあえず基本的な疾患にそこそこ対処できるようになろうと考え、限られた2年間は大腸内視鏡検査に集中しようと必死だった。

始めのうちは大腸内視鏡検査に没頭する日々だったが、しばらくすると、辻仲院長をはじめ上級者の肛門科の手術助手を担当させてもらうようになった。


そこで二度目の「目からうろこ」を体験することになる・・・



1 なぜ大腸肛門科をやっているのか2 これは俺がやりたい大腸内視鏡検査ではない!3 目からうろこ(その1) 大腸内視鏡検査4 目からうろこ(その2) 肛門科手術5 大腸肛門科を一生の仕事とすることに決めた6 大腸内視鏡検査と肛門科手術の修行に没頭する7 俺は井の中の蛙だった8 肛門外科は10年つとめて一人前9 医師の教育について10 そして現在へ・・・


よくわかる大腸肛門科委員会・会長の小部屋へ戻る





 よくわかる大腸・肛門科 HOMEへ

症状から病気を診断肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンク
大腸内視鏡検査・大腸の病気 (大腸内視鏡検査大腸ポリープ便潜血・・・)
肛門科の病気 (痔核痔ろう・肛門周囲膿瘍裂肛直腸脱直腸瘤・・・)