骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



大腸内視鏡検査とは

・大腸内視鏡検査とは、カメラで大腸を直接見てくわしく調べる検査のこと。
・注腸造影検査(バリウム検査)より圧倒的に精度が高い。
・大腸ポリープがあったら、その場で切除して治療できる。
・異常所見があったら、組織をつまんで顕微鏡で調べることもできる。
・大腸を調べるには最高の方法だが、医師の技量次第で苦痛に大きな差が生じる。
・大腸肛門科の専門病院なら、多くの場合楽な無痛大腸内視鏡検査を受けられる。



大腸内視鏡検査で用いるカメラ
大腸内視鏡カメラ



大腸内視鏡検査1

(図左) 長さ130cm・直径1cmくらいの細長い内視鏡カメラを肛門から挿入する。

(図中央) 奥(口側)に向かって内視鏡を進めていく。

(図右) 大腸のいちばん奥(小腸とのつなぎ目のところ)まで到達したら挿入終了。

この場所から内視鏡を抜いていきながら、大腸をくわしく観察する。
大腸をカメラで直接見るので、注腸造影検査(バリウム検査)よりはるかに精度が高い。

大腸内視鏡検査2

大腸ポリープが見つかったら、その場で切除して治療することができる。

異常所見があったら、組織をつまんで顕微鏡で調べることもできる。








  ●無痛大腸内視鏡検査の著書が出版されました

「無送気軸保持短縮法」による無痛大腸内視鏡検査を行っている大腸内視鏡の専門家たちによる共著です。
管理者(赤木一成)は「4章:よくわかるnon-loop挿入法」の章を担当しています。







(解説)

大腸内視鏡検査とは、長さ130cm・直径1cmくらいの細長いカメラを肛門から挿入し、大腸をくわしく調べる方法です。

大腸内視鏡検査は、かつて広く行われていた注腸造影検査よりはるかにメリットが多く、現時点での大腸検査法としては最善の方法です。

かつて大腸内視鏡検査は痛くて大変な検査だったのですが、最近では痛くない無痛大腸内視鏡検査の技術が飛躍的な進歩を遂げています。

大腸内視鏡検査を数多く行っている専門病院であれば、昔よりはるかに楽に検査が受けられるようになっています。


わたしが所属している大腸肛門科の専門病院では、本院および近隣の分院(内視鏡センター)を合わせると、大腸内視鏡検査を年間20000件行っています。

これは全国に無数にある大学病院や内視鏡センターのなかでも、三本の指に入る件数です。



 大腸内視鏡検査でできること

・大腸をくわしく調べる(注腸造影検査:バリウム検査よりはるかに精度が高い)

・異常があったら組織をとって、顕微鏡で調べることができる(病理検査といいます)

大腸ポリープが見つかったら、切除して治療できる(大腸ポリペクトミー)。

・大腸の手術後などで腸が狭くなっている場合には、内視鏡で広げることもできる。



大腸内視鏡検査の関連記事
大腸内視鏡検査とは無痛大腸内視鏡検査について大腸内視鏡検査:どういうときに必要か大腸内視鏡検査の精度について大腸内視鏡検査をうける間隔について大腸の精密検査法の比較(大腸内視鏡検査 vs.注腸造影検査)