骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱骨盤臓器脱まとめTVM手術メッシュを使わない手術
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



直腸脱の手術(三輪-Gant法)

・直腸脱の手術:三輪-Gant法について。

・全身麻酔が不要で簡便に行えるので、高齢者でリスクの高い人にも行うことができる。

・日本で最も広く行われている直腸脱の術式だが、成績が劣るため欧米では行われていない。

・同程度の手間と侵襲(ダメージ)で行える「デロルメ法」とくらべると成績が劣るので、
 われわれの施設でもだいぶ前から行われなくなった。


脱出した直腸の表面をおおっている粘膜をつまんで、つり上げた粘膜に糸を通してしばっているところ。

(図では粘膜を糸でしばっているだけのように描かれているが、通常は針糸で粘膜を貫通させてからつまんだ粘膜をしばりあげる)



一箇所しばりおわった状態。



数十か所しばっていく。

たくさんしばっていくと、大仏の頭みたいになってくる。

同時に脱出していた直腸が、少しずつ奥に引っ込んでいく。




脱出していた直腸が正常の位置に戻った状態。



再発を予防するため、「肛門周囲に特殊な繊維を通して正常の締まりに近づける手術」を同時に行うことが多い。
(ティールシュ法)





(解説)

ここでは、直腸脱の手術のひとつである「三輪-Gant法」について説明します。

この三輪-Gant法は、日本全国の医療機関でもっとも広く行われている術式です。

いろいろな英語の文献を見る限り、この術式は欧米では評価されておらず、まったく行われていないようです。
私の知る限り、この三輪-Gant法は日本だけで行われている術式です。

われわれもかつては、直腸脱の手術を三輪-Gant法メインに行っていたのですが、再発率が高いという難点がありました。
そのため現在では、腰椎麻酔でできて成績の良い「デロルメ法」を中心に行っており、三輪-Gant法は行われなくなっています。

ただし三輪-Gant法に習熟した医師であれば、再発率はもっと低い場合もあるようなので、そのような医師は現在でも三輪-Gant法を第一選択としているようです。



「直腸脱」の関連記事
直腸脱まとめ直腸脱とはなにか直腸脱の原因直腸脱の症状直腸脱の診断直腸脱のタイプ:完全直腸脱と不完全直腸脱直腸脱は痔核とどう違うのか直腸脱はどんな人に多い?直腸脱と肛門機能障害直腸脱の術式を比較する直腸脱の手術(デロルメ法)直腸脱の手術(三輪-Gant法)直腸脱の手術(ティールシュ法)直腸脱の手術(硬化療法)直腸脱の手術(直腸固定術)直腸脱術後の再発について