骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



肛門周囲膿瘍とは

・肛門周囲膿瘍は、肛門陰窩(いんか)というポケットから細菌が侵入して起こる。
・肛門周囲膿瘍と痔ろうの原因は同じ。
・肛門周囲膿瘍の場合、即座に切開して膿を出す必要がある。
・膿を出したら多くの場合後日痔ろうになるので、痔ろうの根治手術が必要となる。


人間の肛門には、もともと肛門陰窩(いんか)というポケットが8〜12個ほど存在する。


中には深い肛門陰窩を持っている人がおり、ここから細菌が入りやすくなっている。


下痢などがきっかけになり、ここから細菌が入って膿がたまることがある。

これを肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう) といい、強い痛みや腫れが起こる。



肛門周囲膿瘍の場合、抗生物質を使用しても症状は改善しない。

即座に切開して膿を出さなければならない。


膿を出してしばらくしたら、多くの場合痔ろうのトンネルができてくる。




(解説)

肛門周囲膿瘍とは、字のごとく肛門の周囲に膿がたまる状態をいいます。
これは痔ろうの前段階の状態です。

下痢した後などに、急激に肛門の周りが痛くなって腫れてきた場合、この病気の可能性が高いです。

患者さんが激痛で肛門科に駆け込んできた場合、この肛門周囲膿瘍が原因となっていることがよくあります(他に多いのは血栓性外痔核かんとん痔核など)。


膿が深いところにある場合には、硬いしこりを触れることが多く、浅いところにある場合には、ブヨブヨした腫れを触れることもあります。
深いところに多量に膿がたまっている場合には、発熱することもあります。

肛門周囲膿瘍は、診断がつきしだい緊急で切開して膿を出す必要があります。
抗生物質を使用しても改善することはほとんどなく、かえって状態が悪化します。

浅いところにある膿であれば、局所麻酔で比較的簡単に膿を出すことができます。
いっぽう深い所に膿がたまっている場合には、腰椎麻酔でしっかり麻酔をきかせて膿を出す必要があります。

膿を出してしばらくしたら、多くの場合痔ろうになります(参考:肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係)。

痔ろうのトンネルができたら、こんどは痔ろうの根治手術を行う必要があります。
放置していても治ることはありません(参考:痔ろうを手術しないとどうなるか)。


(切開して膿を出すときの麻酔について)
浅い肛門周囲膿瘍で、肛門周囲の皮膚近くまで膿が来ている場合には、局所麻酔だけで切開して膿を出すことができます。
いっぽう深い肛門周囲膿瘍(III型とかIV型の膿瘍)では、局所麻酔だけで膿を出すのはとても痛いので、通常腰椎麻酔(下半身麻酔)が必要です。



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について