骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



肛門科の診察と検査:肛門鏡


肛門科の診察と検査:肛門鏡

肛門鏡という器具を使って、肛門の中と直腸の一部を観察します。

この器具は肛門科の診察を行う病院には必ず置いてあります。

痔核裂肛の診断には必ず用いられ、肛門科領域の診療には欠かせません。
(重症の裂肛などで痛みを伴う時には、使用しないこともあります)

肛門鏡には筒型のものや、二枚貝のような形をしたものなど色々ありまして、目的に応じて使い分けます。

最近ではデジタル肛門鏡という器具が普及しており、中の状況をカメラで撮影して、患者さんに画像を見せて説明することもできるようになっています。