骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



肛門括約筋不全について

・便が漏れる、ガスが漏れる、下着が汚れるなどの症状がある。
・手術、出産、加齢などが原因となる。
・肛門内圧検査や肛門超音波検査で診断して治療方針を決定する。



原因(1)

手術や出産で、括約筋が傷ついて起こる。
原因(2)

加齢で括約筋の締まりが低下して起こる。

実際にはこの二つの原因が合わさって起こることも多い。


(症状)


便が漏れる、ガスが漏れる、下着が汚れるなど。
中高年の女性に多い。


(検査)

肛門内圧検査で肛門のしまりを調べる。
超音波検査(エコー)で括約筋の損傷を調べる。




「肛門括約筋不全」関連記事
肛門括約筋不全について
肛門括約筋不全の治療
括約筋トレーニングの方法