骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



肛門からの出血(血便)は要注意

・血便の原因で最も多いのは、痔核や裂肛などの肛門の病気。
・ただし大腸がんや炎症といった腸の病気で血便が起こることもある。
・大腸の病気が疑われる場合には、大腸内視鏡検査が必要。



血便の人が病院を受診して、下図のように痔が見つかったとする。
この場合、「痔からの出血だろう」と安心してはいけない。
出血の原因が必ずしも痔であるとは限らない。大腸がんや炎症が見つかることもよくある。

大腸がん炎症



(解説)

肛門からの出血(血便)があった場合、「痔からの出血だろう」と考えて市販の痔の薬で様子を見るのは危険です。

血便があった場合には必ず病院を受診し、状況によっては大腸内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

それだけで「大腸がんで命を落とす人」をかなり減らすことができるのではないかと思っているのです。


私が勤めている病院は大腸肛門科が専門なので、血便を訴える方が多数来院されます。

血便の原因としてもっとも多いのは、やはり肛門の病気(特に痔核裂肛)です。

30代までの若い人で、裂肛や痔核からの出血がはっきりと確認された場合には、大腸内視鏡検査を行わずに肛門の治療だけ行うことも多いです。

一方、ある程度の年齢(だいたい40歳以上)の方に血便の訴えがある場合には、我々は慎重に対処しています。

明らかに痔核や裂肛があって、ここからの出血だろうと考えられた時も、通常大腸内視鏡検査をお勧めしています。

実際検査しても大腸には異常がなく、結局痔からの出血だったという結論になることが多いのですが、時に大腸がんや大腸ポリープが見つかって命拾いをする方もいるのです。

特に身内に大腸がんの方がいる場合や、便通異常・腹部不快感・腹痛などの訴えがある場合には、強く大腸内視鏡検査をお勧めしています。


また、目に見える出血がないのに便潜血検査が陽性となった場合であっても、考え方は同じです。

「痔からの出血だろう」と思わずに、かならず大腸内視鏡検査を受けられることをお勧めします。