骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



見るとやるとじゃ大違いだったこと:肛門科の手術は、結果の良し悪しがすぐ患者さんにわかる。


肛門科の手術に限らず、手術というのはメスやハサミで体を傷つける行為である。
傷ができるので、当然しばらくの間痛みや違和感といった症状が起こり、患者さんはそれを気にして訴えることがある。

この訴えひとつとっても、腹部の手術と肛門科の手術ではかなり違いがあるように思われる。


大腸がんなどの腹部の手術を行った場合には、手術した腸は患者さんから直接見えないし触れることもない。
患者さんには腸の縫合がうまくできているかどうかはわからない。
大きな合併症が起こらない限り、患者さんが医師の技術を判断できるのは皮膚にできた一本の傷だけである。
そして多少の傷のしこりや痛みがあっても、命には代えられないから、患者さんが不満を訴えることは多くない。

癌の手術を行った場合、最も重視されるのは長期予後である。
5年後の生存率がどの程度かで、その医師や病院の実力が反映されるわけである。

ただしこれは、術後何年もたたないと分からない。


いっぽう肛門科の手術は、決着がつくのが早く、手術の良し悪しも患者さんにわかりやすい。

手術してから完治するまで、通常一か月半〜二か月くらいしかかからない。
手術の成否は、そのころまでにはっきりするわけである。

肛門は敏感な臓器であり、さらに患者さんが直接見たり触ったりできる部位なので、どうしても肛門科の手術後は色々な訴えが多くなり、患者さんも気にすることが多くなる。

われわれ医師から見るとほんのささいなことと思われるようなことが、患者さんの大きな不満となっていることがよくある。



1 肛門科の手術は、専門家は難しいと考え、専門家以外は簡単と考えている(?)2 ひとりひとりの痔や肛門の状態があまりにも異なる3 肛門科と外科では考え方が異なる4 出血しやすい5 意外と見えにくくてやりにくい6 肛門科の手術は、結果の良し悪しがすぐ患者さんにわかる7 たまたまうまくいったのか、本当にうまくいったのか8 究極の肛門科手術を目指して・・・


よくわかる大腸肛門科委員会・会長の小部屋へ戻る





 よくわかる大腸・肛門科 HOMEへ

症状から病気を診断肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンク
大腸内視鏡検査・大腸の病気 (大腸内視鏡検査大腸ポリープ便潜血・・・)
肛門科の病気 (痔核痔ろう・肛門周囲膿瘍裂肛直腸脱直腸瘤・・・)