骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



見るとやるとじゃ大違いだったこと:出血しやすい


肛門は血管が豊富な臓器であるため、手術の際に切る層を間違えると多量に出血する。
(これは肛門科の手術に限らず、どの領域の手術であっても同じだが)

手術を進めていく際には、正しい剥離の「層」が存在する。
この正しい層を見極めて、ここを正確に切りすすんでいけるかどうかが、手術の巧拙を大きく左右する。


肛門科の手術に慣れないうちは、たびたび間違った層に切り込んでしまう。
その結果出血が多くなり、止血にかなりの時間を要することになる。

出血した場合には電気メスで焼いて止血するのだが、焼きすぎると火傷になるので術後の痛みが強くなり、治りも悪くなり、腫れやすくなる。

さらに肛門の機能に重要な「クッション」や「筋肉」まで傷つけてしまうと、治ったあとも肛門に硬くて深い傷跡が残ることもある。


いっぽう経験を積んでいくにつれ、正しい層を見極めて正確に切っていくことが可能となるので、ほとんど出血しなくなる。
間違ったところを傷つけず、電気メスも最小限にしか使用しないので、痛みが軽く、治りも早くなり、術後のダメージもほとんど起こらなくなる。

肛門科の手術では、正確な技術で正しい層を切っていく限り出血で苦労することは少ない。
ただし正確な手術ができないようだと、出血が多くなり止血にてこずることになる。


レーザーメスを使うと、間違った層を切っても出血で苦労することがほとんどなくなる。

レーザーを使って手術すると、出血が少なくて確かに手術は楽である。
でもレーザーに頼ってしまうと、間違った層を切っても出血しないので、それに気づかないことになる。
だからいつまでも技量は向上せず、ダメージの多い手術を続けることになってしまう。

専門病院で十分な肛門科手術の修練を積み、正しい層で手術を行える医師が、レーザーのメリットとデメリットを知り尽くした上で使っているのなら、おそらくレーザーは有用な器具となるのかもしれない。

しかし十分な修練を積んでいない医師が、自分の未熟さをごまかすためにレーザーを使っているとしたらどうだろう?


私の所属する病院では、レーザーメスを使用しない方針を貫いている。
かつて一時期試してみたこともあったが、現在ではレーザーは倉庫の奥に眠っている。

これはわれわれの病院に限った話ではない。
全国に名の通った一流の肛門外科医で、レーザー主体で手術を行っている人は、自分の知る限りたぶんいないと思う。

実際自分はこれまでに全国各地の一流と目される大腸肛門科専門病院をあちこち回って学んできたが、これらの施設でレーザーを使用しているところは皆無であった。



1 肛門科の手術は、専門家は難しいと考え、専門家以外は簡単と考えている(?)2 ひとりひとりの痔や肛門の状態があまりにも異なる3 肛門科と外科では考え方が異なる4 出血しやすい5 意外と見えにくくてやりにくい6 肛門科の手術は、結果の良し悪しがすぐ患者さんにわかる7 たまたまうまくいったのか、本当にうまくいったのか8 究極の肛門科手術を目指して・・・


よくわかる大腸肛門科委員会・会長の小部屋へ戻る





 よくわかる大腸・肛門科 HOMEへ

症状から病気を診断肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンク
大腸内視鏡検査・大腸の病気 (大腸内視鏡検査大腸ポリープ便潜血・・・)
肛門科の病気 (痔核痔ろう・肛門周囲膿瘍裂肛直腸脱直腸瘤・・・)