骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん


メッシュを使わない骨盤臓器脱の手術(従来法)


昔から行われてきた、メッシュを使わない骨盤臓器脱の手術(従来法)について解説。

子宮を固定したり、膣壁を強く縫い縮めて補強する方法。
場合によっては子宮を取ることもある。

この術式は、膣壁を強く縫い縮める必要があるため、膣が変形して狭くなりやすいという難点がある。

またこの術式は、もともと弱った組織を使って修復を行う方法なので、どうしても一定割合で再発する可能性がある。

そのため「従来法では再発する可能性が高い」と思われる状況では、メッシュを使ったTVM手術を行う方針としている。

いっぽう「メッシュを使っても使わなくても成績に差が無い」と思われる場合には、わざわざメッシュを使う必要もないので、「従来法」を行っている。

メッシュを使用するか否かは、脱出の状態や患者さんの状況に応じて判断する。
メッシュは「メッシュを使った方が明らかに有利」な状況のときに限って「必要最小限」に使用する方針としている。





昔から行われてきた骨盤臓器脱の手術(従来法)には、多くの種類がある。

前膣壁形成術
後膣壁形成術
Manchester手術
経腟子宮全摘術
仙棘靭帯固定術
膣閉鎖術・・・

これらの「従来法」と、「メッシュを使った手術(TVM手術)」を、状況に応じて使い分けることになる。



●メッシュを使わない骨盤臓器脱の手術(従来法)が行われる状況

(1)軽度の骨盤臓器脱
軽度の直腸瘤などでは、メッシュを使っても使わなくても再発する可能性は低く、成績にあまり差がないことがわかっているので、このような場合にはわざわざメッシュを使う必要はない。
このような場合には従来法(膣壁形成術)を行っている。

(2)全身の抵抗力が弱っていると考えられる方
重度の糖尿病の方や、免疫抑制剤を使用している方では、全身の抵抗力が落ちていることになる。
TVM手術は体内にメッシュを留置する手術なので、このような場合には行わない方がよいとされている。


●メッシュを使う骨盤臓器脱の手術(TVM手術)が行われる状況

明らかに大きく脱出する骨盤臓器脱(膀胱瘤や子宮脱)では、メッシュを使うことでまず確実に治すことができるため、このような場合にはTVM手術を選択している。




(解説)

昔から行われてきた従来の骨盤臓器脱の手術(従来法)には、色々なものがあります。

この「従来法」の中で代表的な手術は、「膣側から子宮を摘出し、膣壁を縫い縮めて補強する方法」です。

この術式は数十年にわたって世界中で行われてきた、実績のある方法です。


「従来法」と「TVM手術」のどちらを選択すべきか?

「ほとんどすべてTVM手術で行っている」という施設もあるし、逆に「メッシュは使わずに従来法のみ行っている」という方針の施設もありまして、施設によって意見が異なっているのが現状です。

われわれの施設では、「メッシュを使った方が明らかに成績が良いと思われる状況に限って、メッシュを必要最小限に使用する」という方針としています。

たとえば明らかに大きく脱出する骨盤臓器脱(膀胱瘤や子宮脱)では、メッシュを使った方が明らかに成績が良いので、このような場合には確実に治せるTVM手術を選択しています。
さらに「従来法」の手術を行って再発した場合にも、TVM手術を使えばまず確実に治すことが可能です。

いっぽう軽度の直腸瘤などの場合には、メッシュを使っても使わなくても再発は少ないことが分かっているので、このような場合にはメッシュを使わず「従来法」で手術を行っています。

また重度の糖尿病で免疫力が落ちているような方などでは、異物であるメッシュを留置すると感染を起こしやすいと考えられているため、このような場合にも「従来法」を行う方針としています。
(実際にはメッシュが感染したことはいままで1例もないのですが)



「骨盤臓器脱」の関連記事

骨盤臓器脱とは 原因 頻度 症状 どこを受診すればいい? 検査 治療
メッシュを用いた手術(TVM手術) メッシュを用いない手術  保存的治療
外来診察の流れ
 検査・入院・手術の流れ 手術成績 Q and A 学会発表・講演・論文・著書など