骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



骨盤臓器脱の症状

骨盤臓器脱にはいろいろな症状がある。
骨盤臓器脱の症状は、寝ているときや朝方は調子がよく、夕方になると悪化するという特徴がある。
脱出する臓器に応じて、特徴的な症状を呈するようになる。
脱出した状態が続くと、下着とこすれて出血や痛みなども生じる。






膀胱瘤では、膀胱が膣から脱出してくる。

排尿困難・頻尿・尿失禁・残尿感などの排尿異常を伴っていることが多い。

直腸瘤では、直腸が膣から脱出してくる。

残便感、便が出にくい、排便時に膣を押さえるなどの排便異常を伴っていることが多い。



子宮脱では、子宮が膣から脱出してくる。

脱出した状態が続くと、下着とこすれて出血や痛みなどが生じることもある。



直腸脱では、直腸が肛門から脱出してくる。

肛門のしまりがきわめてゆるくなり、便が漏れたり、下着が汚れたりする。

脱出した状態が続くと、出血や痛みも生じるようになる。


(解説)

骨盤臓器脱を有する人に共通する症状は、「寝ているときや朝方は調子が良く、夕方から夜になるにつれて調子が悪くなってくる」ということです。

夜は横になって寝ているので臓器が体内におさまっており、日中活動するにしたがって臓器が重力で脱出してくるようになるわけです。


また、脱出する臓器に応じて、特徴的な症状が出てくるようになります。

たとえば膀胱瘤では膀胱や尿道の圧迫が起こるため、「膣からなにか脱出してくる、膣がふくれる」といった症状の他に、排尿困難・頻尿・尿失禁・残尿感などの排尿異常を伴うことが多くなります。

直腸瘤では便がまっすぐ肛門から排出されず、直腸瘤のポケットの方に便が向かいます。
だから「膣からなにか脱出してくる、膣がふくれる」といった症状の他に、「残便感」「便が出にくい」「排便時に膣を押さえないと便がでない」といった排便異常を伴うことが多くなります。

また子宮脱でも、「膣からなにか脱出してくる」といった症状の他に、「なにかが下がってくるような感じ」「陰部が引っ張られているような感じ」「異物が膣に入っているような感じ」「何かがはさまっているような感じ」「重苦しいような感じ」といった色々な訴えが起こります。
また子宮脱が重症化して長時間脱出し続けるような場合には、下着とこすれて出血や痛みなどが生じることもあります。

直腸脱は他の骨盤臓器脱疾患と違って、夕方調子が悪くなるということはなく、むしろ「排便時に脱出する」という症状が特徴的です。
これが重症化すると、直腸が肛門から常に脱出した状態になるわけです。
直腸が頻繁に肛門から脱出するため、肛門が直腸で押し広げられて、肛門のしまりが非常に弱くなります。
そのため便が漏れたり、下着が汚れたりといった症状が起こるようになります。



「骨盤臓器脱」の関連記事
骨盤臓器脱徹底解説 骨盤臓器脱とは 原因 頻度 症状 どこを受診すればいい? 検査 治療
メッシュを用いた手術(TVM手術) メッシュを用いない手術  保存的治療
外来診察の流れ
 検査・入院・手術の流れ 手術成績 Q and A 学会発表・講演・論文・著書など