骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



骨盤臓器脱の原因

骨盤臓器脱は、さまざまな要因があわさって起こると考えられている。

・出産で膣周囲の靭帯や筋肉がダメージを受ける。
・加齢で女性ホルモンが減少し、骨盤臓器を支える筋肉や靭帯がさらに弱くなる。
・肥満や便秘や慢性の咳などで腹圧がかかり、症状が悪化しやすくなる。



(解説)

骨盤臓器脱はなぜ起こるのでしょうか?

女性の骨盤内臓器(膀胱、子宮、直腸)は、骨盤底筋群という筋肉や靭帯によって支えられています。
これが何らかの原因でダメージを受けると、骨盤内臓器を支える力が弱くなり、骨盤臓器脱を発症することになります。

骨盤臓器脱の最大の原因は、出産で膣周囲を支えている組織が傷害を受けることです。
特に多産の人や難産だった人は、将来骨盤臓器脱を発症するリスクが高いと考えられています。

また、女性の更年期以降では、女性ホルモン(エストロゲンといいます)が減少してきます。そのため骨盤内の臓器を支えている筋肉や靱帯がさらに弱くなるため、骨盤臓器脱を生じるリスクがさらに高くなってくることになります。

以上の理由から、骨盤臓器脱は出産経験のある更年期以降の女性に多く発生することになります。

さらにこれに加えて、「排便時にいきむ習慣」「肥満」「慢性の咳(喘息)」などが加わるとさらに骨盤に圧力がかかることになり、骨盤臓器脱を発症するリスクが一層高くなることになります。



「骨盤臓器脱」の関連記事

骨盤臓器脱とは 原因 頻度 症状 どこを受診すればいい? 検査 治療
メッシュを用いた手術(TVM手術) メッシュを用いない手術  保存的治療
外来診察の流れ
 検査・入院・手術の流れ 手術成績 Q and A 学会発表・講演・論文・著書など