骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん

骨盤臓器脱徹底解説

骨盤臓器脱とは 原因 頻度 症状 どこを受診すればいい? 検査 治療
メッシュを用いた手術(TVM手術) メッシュを用いない手術  保存的治療
外来診察の流れ
 検査・入院・手術の流れ 手術成績 Q and A 学会発表・講演・論文・著書など


まずは以下のまとめからどうぞ・・・





    
骨盤臓器脱の写真 (外国のサイトから引用したものです。あらかじめご了承の上閲覧ください)


----------------------------------------------------------------------------------



・骨盤臓器脱とはどんな病気?

骨盤臓器脱とは、「骨盤内の臓器が、腟や肛門から脱出してくる病気」のことをいいます。

中高年の女性に高頻度で発生する疾患であり、出産経験のある女性の半数近くが骨盤臓器脱を有していると言われています。

骨盤臓器(子宮・膀胱・直腸など)は靭帯や膜で支えられており、これが出産で傷ついたり、加齢につれて弱くなってくることで、骨盤臓器脱が生じてきます。


骨盤臓器脱は、脱出臓器および脱出経路に応じて、以下のようなさまざまな種類があります。

 ・骨盤臓器が「膣」から脱出してくる → 子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱など

 ・骨盤臓器が「肛門」から脱出してくる → 直腸脱

このうち大半を占めるのは、「膣」から脱出するタイプの骨盤臓器脱です。
子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱など、いろいろなタイプがあります。

「肛門」から脱出する骨盤臓器脱(直腸脱)は、「膣」から脱出するタイプと比べると患者数は多くないのですが、高齢になるにつれて出現頻度が高くなってきます。

また、膣と肛門の両方から骨盤臓器が脱出するケース(子宮脱+直腸脱)もよくあります。
われわれの施設では、このような「子宮脱+直腸脱」の治療を数多く行っています。


   さらにくわしく・・・
    骨盤臓器脱とはなにか・骨盤臓器脱の種類
    骨盤臓器脱の原因
    骨盤臓器脱の頻度



----------------------------------------------------------------------------------


・骨盤臓器脱の症状

骨盤臓器脱の症状としては、「腟からまるいものが脱出する・ピンポン玉のようなものが触れる」とか、「肛門から腸が脱出してくる」など、いろいろなものがあります。

また骨盤臓器脱を有する人は・・・
 ・肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛など)
 ・婦人科疾患(子宮筋腫・卵巣嚢腫など)
 ・排尿排便障害(尿もれ・尿失禁・便が出にくい・残便感など)

などのいろいろな疾患を合併していることがよくあります。


   さらにくわしく・・・
    骨盤臓器脱の症状



----------------------------------------------------------------------------------


・骨盤臓器脱はどの診療科を受診すればいいの?

骨盤臓器脱の診療は、「骨盤臓器脱外来」「ウロギネ外来」「女性泌尿器科外来」といった専門外来で行われています。

骨盤臓器脱は、「直腸〜肛門」・「子宮〜膣」・「膀胱〜尿道」というさまざまな臓器が関わってくる疾患です。

骨盤臓器脱で悩んでいる方は、子宮脱と直腸脱を合併していたり、肛門疾患や排尿障害を合併していることがよくあります。

だから骨盤臓器脱の治療は、大腸肛門科・婦人科・泌尿器科の3科がそろっており、病状に応じて各診療科の協力が得られるような病院で治療を受けるのがベストです。


   さらにくわしく・・・
    どこの病院を・どの診療科を受診すればいいの?



----------------------------------------------------------------------------------


・骨盤臓器脱の診断・検査

骨盤臓器脱の診断は容易であり、診察台でいきんでもらうだけで診断がつくことが大半です。

さらにMRI検査・排便造影検査・排尿造影検査などの検査を、必要に応じて追加で行うこともあります。


   さらにくわしく・・・
    骨盤臓器脱の検査



----------------------------------------------------------------------------------


・骨盤臓器脱の治療


骨盤臓器脱には・・・

 (1)「膣」から脱出する骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)

 (2)「肛門」から脱出する骨盤臓器脱(直腸脱)

という二つのタイプがあり、それぞれ治療法が異なります。


---------------------------------------------------------


(1)「膣」から脱出する骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)の治療





----------------------------------------------


  (1)-1 「膣」から脱出する骨盤臓器脱の治療:保存的治療


膣から脱出する骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)に対する保存的治療として、「骨盤底筋体操」と「ペッサリー」があります。

骨盤底筋体操は筋力トレーニングの一種です。

ペッサリーは特殊なリングを膣に挿入して、骨盤臓器が出てこなくする方法です。

これらはいずれも「骨盤臓器脱と一生つきあっていく」方法であり、骨盤臓器脱を根本的に治す方法ではありません。
だから手術ができない人に対する、一時的な対処法と考えています。


   さらにくわしく・・・
    骨盤臓器脱の治療
    骨盤臓器脱の保存的治療(骨盤底筋体操・ペッサリー)


----------------------------------------------


  (1)-2 「膣」から脱出する骨盤臓器脱の治療:手術

骨盤臓器脱を根本的に治すには、手術しか方法がありません。


「膣」から脱出する骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱)の手術には、
メッシュを使う手術(TVM手術)と、メッシュを使わない手術(従来法)があります。



   ●メッシュを使う手術(TVM手術)

骨盤臓器脱の最新の術式として近年急速に普及してきたのが、メッシュを用いた手術です。これはTVM手術と呼ばれます。

これは膣側から特殊な医療用メッシュを留置することで、骨盤臓器を正しい位置に戻す方法です。

この方法は・・・

・再発率が圧倒的に低く、
・子宮を取る必要が無く、
・膣側から行う手術なので、おなかを切る必要も無く、
・だからおなかの中から内臓を切ったり縫ったりする必要も無く、
・腟も狭くならない

など多くの長所があり、欧米で急速に普及した術式です。

わが国でもこのTVM手術によって治療成績が飛躍的に進歩し、当院でもこの方法が骨盤臓器脱治療の主役となってきています。


   さらにくわしく・・・
    メッシュを用いた骨盤臓器脱手術(TVM手術)
    入院日数の目安 および 検査・入院・手術の流れ
    骨盤臓器脱の手術成績
    骨盤臓器脱の手術 Q and A


   メッシュを使わない手術(従来法)

もう一つの昔から行われてきた手術法として、メッシュを用いない方法があります。
これは「子宮を取ったり、子宮を固定したり、膣壁を縫い縮めたり」して骨盤臓器脱を治す術式です。
従来から行われてきた術式なので、一般に「従来法」と呼ばれています。

この「従来法」は、世界中で長年行われてきており、何十年にわたって改良が重ねられてきた実績のある方法です。
でもこの術式は、もともと弱った組織を使って修復を行う方法なので、どうしても一定割合で再発する可能性があるのです。


   さらにくわしく・・・
    メッシュを用いない骨盤臓器脱手術



   ●メッシュを使う手術(TVM手術)と使わない手術(従来法)、どちらを行うのがいいのか?

これは患者さんの骨盤臓器脱の状態に応じて、最適な方法を使い分けるのがベストだと考えています。

TVM手術は、従来法とくらべて「再発が圧倒的に少ない」という長所があります。
だから「明らかに大きく脱出する骨盤臓器脱」とか、「従来法の手術を行って再発した場合」には、確実に治せるTVM手術を選択しています。

いっぽう「従来法」は、「メッシュを使わずに治せる」という長所があります。
だから「メッシュを使っても使わなくても、再発する可能性は低いと思われる場合(軽度の直腸瘤など)」には、わざわざメッシュを使う必要もないので、「従来法」で手術を行っています。

どちらの術式にもいいところがあるので、両者の長所を最大限に引き出しつつ、メッシュは「必要なときだけ最小限」に使用する方針としているわけです。


-------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------


(2)「肛門」から脱出する骨盤臓器脱(直腸脱)の治療





肛門から脱出する骨盤臓器脱(直腸脱)には保存的治療は無効であり、手術しか治す方法はありません。

直腸脱の手術は、肛門側から行う手術(経肛門的手術)と、おなか側から行う手術(経腹的手術)があります。



   ●肛門側から行う直腸脱手術(経肛門的手術)

経肛門的手術は・・・
・体の負担の軽い腰椎麻酔(下半身麻酔)や局所麻酔で行うことができ、
・肛門側から行う手術なので、おなかを切る必要も無く、
・だからおなかの中から内臓を切ったり縫ったりする必要も無く、
・しかも短時間で終わる
などの多くの長所があります。

ほとんどの直腸脱は高齢女性に生じるため、手術はなるべく低侵襲(低ダメージ)かつ短時間で行う必要があります。
だから直腸脱の患者さんに対しては、まずこの経肛門的手術が考慮されることになります。

経肛門的手術にはいろいろなやり方があり、患者さんの状態に応じて最適な方法を選択していくことになります。
 (参考:直腸脱の術式を比較する



   ●おなか側から行う直腸脱手術(経腹的手術)

経腹的手術は、「経肛門的手術では対応できない直腸脱も治すことができる」という長所があります。

以前はおなかを20pくらい切って行っていましたが、現在では腹腔鏡というカメラを使って、小さい傷で手術を行うことができるようになっています。
(参照:直腸固定術

この経腹的手術は全身麻酔が必要であるため、「高齢者」や「肺や心臓が弱い人」では一定のリスクを伴います。
さらにおなかを切って内臓を切ったり縫ったりする必要があり、手術時間も経肛門的手術よりだいぶ長くかかるという短所があります。



   ●経肛門的手術と経腹的手術、どちらを行うのがいいのか?

経肛門的手術と経腹的手術の成績はどちらがすぐれているか? 
これはまだはっきりした結論が出るには至っていません。(参考

大半の直腸脱は、かなり高齢の女性に起こります(80代の人が多い)。
だからなるべく小さい侵襲(ダメージ)の手術で治すことが重要となります。

そのため我々の施設では、直腸脱に対してまず経肛門的手術を選択する方針としています。

経腹的手術を行う状況は限定されており、
「経肛門的手術で再発を繰り返す場合」
「全身麻酔のリスクが低い若い人で、かつ重度の直腸脱を有する場合」
このような状況にかぎって、経腹的手術を選択する方針としています。



 さらにくわしい情報に関しては、直腸脱まとめを参照してください。



-------------------------------------------------------------------------



    ●辻仲病院柏の葉・骨盤臓器脱専門外来●


 辻仲病院柏の葉(千葉県柏市) では、
 「骨盤臓器脱専門外来」にて骨盤臓器脱の専門診療を行っております。


 大腸肛門科・泌尿器科・婦人科の医師が協力して骨盤臓器脱の診療を行っており、
 病状に応じて各診療科が治療を担当いたします。

 辻仲病院柏の葉では、年間約300例の骨盤臓器脱(子宮脱・直腸脱・膀胱瘤・直腸瘤)
 の手術を行っており、これはおそらく全国屈指の件数です。

 千葉県・茨城県・埼玉県を中心に、
 全国各地から骨盤臓器脱で悩む方が多数受診されています。


 辻仲病院柏の葉 (千葉県柏市) 骨盤臓器脱専門外来  
 (管理者〔赤木〕は、火曜午後・金曜午後 を担当しています)

 辻仲病院柏の葉:04-7137-3737 
 予約専用電話(スムーズに予約が取れます):04-7137-6283 (14:00〜17:00 日曜祝日除く)


 週刊新潮: 代表される「骨盤臓器脱治療施設」 TVM治療最前線




「骨盤臓器脱」の関連記事

骨盤臓器脱とは 原因 頻度 症状 どこを受診すればいい? 検査 治療
メッシュを用いた手術(TVM手術) メッシュを用いない手術  保存的治療
外来診察の流れ
 検査・入院・手術の流れ 手術成績 Q and A 学会発表・講演・論文・著書など