骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん
 全国最大級の大腸肛門科・骨盤底外科専門病院 辻仲病院柏の葉(柏市)



骨盤臓器脱の手術 Q and A





Q:診察に予約は必要ですか?

なるべく待ち時間を短くするために、われわれの施設では原則として予約制をとっております。

電話で予約を取ってお越しください。

 辻仲病院柏の葉:04-7137-3737 
 予約専用電話(スムーズに予約が取れます):04-7137-6283 (14:00〜17:00 日曜祝日除く)



Q:骨盤臓器脱専門外来を受診するのは勇気が要ります…

当院では羞恥心を十分に配慮しております。

診察をお待ちになる時には、女性専用の中待合室でお待ちいただきます。

また診察は、完全個室のプライバシーが保たれた診察室で行われます。
診察は医師1名と女性看護師1名で行います。他の人が入ってくることはありません。



Q:骨盤臓器脱専門外来を受診した人は、みんな手術が必要となるのですか?

骨盤臓器脱は良性疾患ですので、手術を行うかどうかはあくまでも本人の希望を尊重します。

骨盤臓器脱の治療には、手術・リング(ペッサリー)・骨盤底筋体操などがあるので、これらの選択肢を提示して、本人に治療法を決めていただく方針としています。



Q:辻仲病院および医師の手術実績はどれくらいありますか?

当院で行われている骨盤臓器脱(子宮脱・直腸脱・膀胱瘤・直腸瘤・膣脱など)の手術件数は年間300例を超えており、これは全国屈指の件数です。

この膨大な数の手術を、少数の医師で担当するため、医師一人あたりの経験値も高くなります。

たとえば私(赤木)の場合だと、年に200例を超える骨盤臓器脱手術を行っています。
これに肛門領域の手術や尿失禁の手術も合わせると、年間約300例の骨盤底領域の手術を行っていることになります。

「ほとんど毎日のように手術している」という感じでしょうか。



Q:手術は健康保険が使えますか?

骨盤臓器脱の手術や検査はすべて保険診療で行っております。

各種保険証が使用できます。



Q:手術では必ずメッシュを使うことになるのですか? 体内にメッシュを入れても大丈夫なの?

「必ずメッシュを用いる」とか、「メッシュは使わない」とか、医師の間にもいろんな考え方があります。
われわれの施設では、メッシュは「必要な場所だけ最小限に」使用する方針としています。

骨盤臓器脱の手術でメッシュを使うのは、「メッシュを使った方が明らかに成績が良い」と思われる場合です。

たとえば「大きく脱出する骨盤臓器脱(膀胱瘤や子宮脱)」とか、「メッシュを使わない手術後の再発」を治す場合には、メッシュを使った方が明らかに成績が良いので、このような場合にはメッシュを使う方針としています。

いっぽうメッシュを使わなくても再発する可能性が低い状況(軽度の骨盤臓器脱など)では、わざわざメッシュを使う必要はないので、メッシュを使わずに治す方針としています。

メッシュを使用することによるトラブルとしては、「膣壁メッシュ露出」および「メッシュ感染」の二つがあります。
このうち「膣壁メッシュ露出」の発生率は1%台であり、起こったとしても対処は難しくありません。また「メッシュ感染」はいまだ発生した人はいません。

「メッシュを使わない手術を受けたい」という要望があれば、もちろん応じることは可能です。
この場合、「経腟子宮全摘+膣壁形成術」(子宮を取って膣壁を強く縫い合わせる手術)や「マンチェスター手術」などを行います。

これは昔から行われてきた歴史の長い手術です。このやり方であればメッシュは必要ないのですが、メッシュを使う手術と比べて再発率がはるかに高く(再発率は30〜40%という報告が多い)、膣壁の変形や狭窄(せまくなること)が生じるという短所があります。

だから先述したように、メッシュは「必要な場所だけ最小限に」使用する方針が最善だと考えています。



Q:入院期間は?

入院期間は一週間です。

遠方にお住まいの方では、これより若干長目の入院をおすすめします。



Q:子宮脱に直腸肛門疾患(直腸脱や痔核)を合併しています。両方いっぺんに治せますか?

われわれの施設は大腸肛門の専門病院でもあるので、子宮脱に直腸肛門疾患(直腸脱や痔核)を合併しているような場合に、同時に治療できるのが強みです。

子宮脱や膀胱瘤の手術を受ける患者さんのうち約2割の方は、直腸肛門疾患(直腸脱や痔核)を合併しています。

このような場合には、ほとんどのケースでは、両方同時に問題なく治すことができています。
わざわざ複数の病院を受診して、二回に分けて手術を受ける必要はありません。



Q:麻酔が心配です…

当院の骨盤臓器脱手術は、プロの麻酔科専門医が麻酔を担当しています。

きわめて安全性が高いので、安心してお任せして大丈夫です。



Q:骨盤臓器脱の手術は痛いですか?

手術中は麻酔が効いているので、痛みを感じることはありません。

術後の痛みも軽いものであり、痛み止めを飲むだけで十分対応できます。

骨盤臓器脱の手術は、膣壁を数センチ切開するだけで行うことができます。また臀部の皮膚に5mm程度の小さな傷ができます。

膣壁は痛みを感じない場所であり、臀部の傷もほんの小さなものなので、痛みを恐れる必要はほとんどないと言っていいと思います。

また術後しばらくのあいだ腰痛を感じる方がいますが、これは手術時の体位が原因であり、数日で消失します。



Q:骨盤臓器脱の手術後に、目立つ傷ができますか?

上で説明したように、骨盤臓器脱の手術は、膣壁の数センチの傷と、臀部の5mm程度の傷だけで行うことができます。

膣壁の数センチの傷は、骨盤臓器脱が治って膣壁が正常の位置に引っ込んでしまえば、外からは見えなくなります。

また臀部の傷は5mm程度のごく小さいものなので、治ってしまえばほとんど見えなくなってしまいます。

傷が完治してしまえば、他人があなたの裸を見ても、手術したことなんてまったく分からないということです。
みなさん元気に温泉やプールを楽しんでおられますよ。



Q:術後のケアはどうすればいいですか?

術後に気を付けることは、「便秘しないこと」と「腹圧をかけないこと」の二点です。

便秘だと、どうしても排便時に強くいきんでしまうので、術後しばらくの間下剤を処方します。

また術後二か月ほどの間は、「激しい運動」「力仕事」「重いものを持つこと」「長時間の立ち仕事」「自転車やバイクに乗ること」などはひかえていただく必要があります。
(家事・買い物・軽作業程度であれば問題ありません)



Q:術後の食事について教えてください。

便秘さえ気をつければ、基本的に何を食べても問題ありません。



Q:退院後の通院について教えてください。

退院後2〜3週間目に、一度来院していただきます。

問題なければ、その次は3か月後くらいに来院です。

その後は状況に応じて、半年〜1年後に来院していただきます。


「骨盤臓器脱」の関連記事
骨盤臓器脱徹底解説 骨盤臓器脱とは 原因 頻度 症状 どこを受診すればいい? 検査 治療
メッシュを用いた手術(TVM手術) メッシュを用いない手術  保存的治療 子宮脱と直腸脱の合併例
外来診察の流れ 検査・入院・手術の流れ 手術成績 Q and A 学会発表・講演・論文・著書など