骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説

 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



IV型痔ろう:骨盤直腸窩痔ろう(こつばんちょくちょうかじろう)の手術

・骨盤直腸窩痔ろう(IV型痔ろう)は、もっとも深くて複雑なタイプの痔ろう。

・頻度は痔ろう全体の2〜3%と少なく、治療にてこずることも多い。



骨盤直腸窩痔ろう(IV型)では、坐骨直腸窩痔ろう(III型)のろう管に加えて、ろう管が奥深くに伸びている。



痔ろうの管の中にたまっている膿を取り除き、ろう管をすべてきれいに掃除する。



瘻管に図のようにゴム輪をかける。

このやりかたをシートン法という。

左右の瘻管にも膿を出すチューブをかけることが多い。




奥の方から傷が徐々に治ってくる。



奥の瘻管がほとんどふさがったところ。

左右のチューブは術後しばらくして傷がある程度治ってから抜く。



傷が徐々に治ってくるにしたがって、ゴムが浅くなってゆるんでくる。

ゴムがゆるんできたら締めなおす。




さらに治ってきた。




ゴム輪が脱落して傷が治る。

この方法だと変形はまず起こらない。





骨盤直腸窩痔ろう(IV型)では、図のように極端に複雑なタイプのものも存在する。




このような極端に複雑な痔瘻や、再発を何度も繰り返すような痔瘻の場合には、上記のシートン法を行うと再発する可能性が高い。

このような場合には、ゴム輪を通すかわりに痔瘻の瘻管を切開することもある(Hanley法)。




(解説)

このタイプの痔ろうは、もっとも深くて複雑なタイプの痔ろうです。

IV型痔ろうは頻度としては痔ろう全体の2〜3%程度とまれなものなのですが、手術は大変で肛門科手術のなかでももっとも難度が高いもののひとつと言っていいと思います。
(実際には私の所属する大腸肛門科専門病院では重症の痔ろうがあちこちから紹介されてくるので、IV型痔ろうの比率はもっと高くて5%くらいあると思います)

日常的に痔ろうの手術を行っていると、I型〜III型の痔ろうの手術で再発を繰り返して困るようなことはあまりありません。

一方IV型痔ろうは肛門科の専門家でもてこずることがある「強敵」です。
何回も再発を繰り返すこともあり、うまくやらないとひどい変形を起こす可能性もないとはいえません。

III型痔ろうやIV型痔ろうといった深くて複雑な痔ろうの治療は、必ず肛門科を専門とする医師の手術を受けられることを強くお勧めします。
(もっとも専門家以外は普通手を出さないでしょうが・・・)


(マニアックな蛇足・・・)

私の所属する大腸肛門科専門病院ではこれまでに数万人の痔ろうの手術を行ってきました。

これだけの数の痔ろうの手術をやっていると、当然一定の頻度で再発を経験することになります。
(痔ろうの手術を行って再発0という医師は存在しません。どんなに経験豊富な専門家でも再発することはあります。ただし専門家とそうでない医師の間には歴然とした成績の差があるのも事実です)

この再発する確率が一番高いのが、ここで示したIV型痔ろうです。

再発した場合には原因を詳しく調べて再手術を行うことになるのですが、どれだけてこずっても最終的には全員(全員じゃなくても99.99%くらい?)の痔ろうを治すことができています。
※ただしクローン病の痔ろうは話が別です。

また、複雑痔ろうの手術というと、「人工肛門が必要なんでしょうか?」と聞かれる方がときどきいらっしゃいます。

心配されるのは当然だと思いますが、実際には痔ろうの治療で人工肛門が必要となるのはごく一部の方だけです。

私の所属する病院では年間1000件近い痔ろうの手術を行っていますが、人工肛門が必要となるくらいの重症の痔ろうは年に一人いるかいないかという程度です。



痔ろう・肛門周囲膿瘍の関連記事
痔ろう・肛門周囲膿瘍 まとめ痔ろうとはなにか・痔ろうの原因肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍・痔ろうの症状肛門周囲膿瘍と痔ろうの関係肛門周囲膿瘍で膿を出したあとどうするか痔ろうのタイプについて痔ろうの予防法痔ろうを手術しないとどうなるか痔ろうの手術の前に大腸内視鏡検査を痔ろうの術式を比較する痔ろうの手術(切開開放術)痔ろうの手術(括約筋温存術)痔ろうの手術(シートン法)皮下痔ろう(I)の手術低位筋間痔ろう(IIL)の手術高位筋間痔ろう(IIH)の手術坐骨直腸窩痔ろう(III)の手術骨盤直腸窩痔ろう(IV)の手術クローン病の痔ろうについて異物による痔ろう・肛門周囲膿瘍壊疽性筋膜炎(フルニエ症候群)痔ろう癌とは痔ろう手術後の変形や便漏れについて痔ろう手術後の再発について