骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん


ここは本編に収録できなかった「その他いろいろな項目」を寄せ集めた管理者の小部屋です。

サイトの内容を増やすことと、自分の頭の中の整理を目的として、
これまでに書きためていた文章を載せてます。


なぜ大腸肛門科をやっているのか
1 なぜ大腸肛門科をやっているのか
2 これは俺がやりたい大腸内視鏡検査ではない!
3 目からうろこ(その1) 大腸内視鏡検査
4 目からうろこ(その2) 肛門科手術
5 大腸肛門科を一生の仕事とすることに決めた
6 大腸内視鏡検査と肛門科手術の修行に没頭する
7 俺は井の中の蛙だった
8 肛門外科は10年つとめて一人前
9 医師の教育について
10 そして現在へ・・・


圧倒的に楽な「至高の大腸内視鏡検査」を目指して
1 大腸内視鏡の挿入法には、「ループ挿入法」と「軸保持短縮挿入法」がある
2 軸保持短縮挿入法には、「普通軸保持」と「優しい軸保持」があると思っている
3 大腸内視鏡検査と手術の共通点
4 大腸内視鏡の挿入法を、空手 vs. 太極拳 になぞらえてみる

5 内視鏡室の看護師たちが、医師の大腸内視鏡検査の実力を一番シビアに見ている
6 「優しい軸保持」がわかりつつあると思えるようになってから、面白い現象が起こった
7 至高の大腸内視鏡検査とは


100%の人が満足する「究極の肛門科手術」を目指して
1 肛門科の手術は、専門家は難しいと考え、専門家以外は簡単と考えている(?)
2 ひとりひとりの痔や肛門の状態があまりにも異なる
3 肛門科と外科では考え方が異なる
4 出血しやすい
5 意外と見えにくくてやりにくい
6 肛門科の手術は、結果の良し悪しがすぐ患者さんにわかる
7 たまたまうまくいったのか、本当にうまくいったのか
8 究極の肛門科手術を目指して・・・


大腸内視鏡検査:300、1000、5000の壁
大腸内視鏡検査:300、1000、5000の壁 (見習い・入門レベル)

大腸内視鏡検査:300、1000、5000の壁 (初級・中級レベル)
大腸内視鏡検査:300、1000、5000の壁 (上級・至高レベル)


肛門科手術の修行と、自分がさずけられた最高峰のアドバイス
1 肛門科手術の修行は、他の分野とはすこし異なるところがある
2 修行を始めたばかりの医師は、まず前立ちからスタートする
3 最高峰のアドバイス
4 肛門科手術の修行における「守・破・離」
5 このアドバイスは、一流の職人の世界観と通じるものがあると思う


大腸内視鏡検査:難しいのはどんな人?
大腸内視鏡検査:難しいのはどんな人? その1
大腸内視鏡検査:難しいのはどんな人? その2


痔の治療方針はどのように決まる?
痔の治療方針はどのように決まる? その1
痔の治療方針はどのように決まる? その2


痔核根治手術後に起こる「腫れ」について
痔核根治手術後に起こる「腫れ」について その1:軽い腫れ
痔核根治手術後に起こる「腫れ」について その2:ブリブリ腫れ 


大腸内視鏡の初心者がすぐに戦力になる「CF体操」というものがあった
大腸肛門科の専門病院にも、ときに大腸内視鏡の初心者がやってくる
大腸内視鏡の初心者がすぐに戦力になる「CF体操」とは
素晴らしい方法だと思っていたが、結局定着しなかった・・・


前側方の低位筋間(IIL型)痔ろうの手術について
今も昔も大腸肛門科学会における重要テーマでありつづけている
関西の肛門科の先生方の業績と、われわれがシートン法を導入したいきさつ
実際やってみると、シートン法は思っていたより好印象だった
最低の失敗パターンに陥らないためにどうしているか


延々としゃべり続ける患者さんのおかげで、英語のリスニングに開眼した
1 私の勤務している大腸肛門科は、東京都心のど真ん中にある
2 延々としゃべり続ける患者さん
3 英語のリスニングで大事なこと
4 延々としゃべり続ける患者さんのおかげで、英語のリスニングに開眼した
5 よくわかる大腸肛門科会長流リスニング必殺技
6 恐れ多くも展開してみる・・・よくわかる大腸肛門科会長流英語論
7 私が勤務する大腸肛門科にはたびたび外国人が訪れる。でも・・・大丈夫。


その他
毎日大腸と肛門科の診療ばかりで飽きませんか?

「大腸肛門外科医は10年つとめて一人前」を検証する
都心の大腸内視鏡検査と中小都市の大腸内視鏡検査
大腸肛門科の術後:しょっちゅう来る人と来ない人
生涯現役の大腸肛門科医師を目指して
大腸肛門科の特徴(他の診療科と比較して)