東京の肛門科・痔・大腸内視鏡検査なら・・・

肛門科の病気大腸内視鏡検査・大腸の病気症状から病気を診断
肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンクHOMEへ


過敏性腸症候群とは

・大腸の動き(蠕動:ぜんどう)が狂って、過敏になるのが原因。
・ストレスと関係が深く、不安神経症やうつ病を合併していることがある。
・下痢や便秘を繰り返し、腹痛や違和感を伴うことが多い。
・クローン病や大腸がんと症状が似ているので、大腸内視鏡検査が必要。


過敏性腸症候群 (原因)

大腸の動き(蠕動:ぜんどう)が狂って、過敏になるのが原因。

ストレスと関係が深く、不安神経症やうつ病を合併していることが多い。


(症状)

下痢や便秘を繰り返し、腹痛や違和感を伴う場合には、この病気を強く疑う。

腹痛は排便すると軽快することが多い。

特に若い人に多く見られる。

大腸がんやクローン病と症状が似ているので、大腸内視鏡検査を受けて、正確な診断をつける必要がある。


(過敏性腸症候群の3タイプ)

下痢型

交代型

便秘型





(解説)

腸はふだん「ぜん動」という動きを行う事によって、食物の消化吸収を行っています。

このぜん動が過敏になることで腹痛や便通異常といった症状が起こることがあり、この状態を「過敏性腸症候群」と呼んでいます。

30代くらいまでの若い方に良く見られる病気です。


腸は敏感な臓器といわれており、ストレスの影響を強く受けます。
特に過敏性腸症候群の患者さんは、うつ病や不安神経症といった精神的な疾患を合併していることもよくあります。

「急に便意が起こってトイレに駆け込む」、「ウサギの糞のようなコロコロ便が続く」、「下痢や便秘を繰り返す」といった症状があり、多くの場合下腹部痛や違和感を伴います。

この腹痛や違和感は排便とともに軽快することが、過敏性腸症候群の特徴です。


若い方にこういった症状がある場合には、まずこの過敏性腸症候群を考えるのですが、クローン病大腸がんといった他の病気でも同じような訴えが見られることがあるので、このような場合には必ず大腸内視鏡検査を受ける必要があります。


過敏性腸症候群は下痢型便秘型交代型という三つのタイプがありまして、それぞれのタイプに応じた適切な治療を行う必要があります。


東京都内で大腸肛門科の診療を行っていると、この過敏性腸症候群に悩まされている方が非常に多いのを実感します。

とくに仕事が大変そうな若い男性に多い印象を受けます。



過敏性腸症候群の関連記事
過敏性腸症候群とは過敏性腸症候群 下痢型過敏性腸症候群 便秘型過敏性腸症候群 交代型





 よくわかる大腸・肛門科 HOMEへ

症状から病気を診断肛門科を受診しよう疑問を解決プロフィールリンク
大腸内視鏡検査・大腸の病気 (大腸内視鏡検査大腸ポリープ便潜血・・・)
肛門科の病気 (痔核痔ろう・肛門周囲膿瘍裂肛直腸脱直腸瘤・・・)