AGAとは幅広い男性層の間で重大な問題であり、それぞれの治療法には高い関心が寄せられています。AGA関連クリニックに通院したりする事なく自宅で治療を行うとなると内服薬を用いる形・塗り薬を用いる形がありますが、それぞれに関する情報をお届けします。

内服薬でのAGA治療

内服薬でのAGA治療を行うメリット

薬には、内服薬、外用薬、注射薬などがあります。内服薬とは簡単に言うと飲み薬のことです。薄毛や抜け毛などで悩んでいる時は、塗り薬や育毛剤を使って対処するのが多いですが、内服薬を使う場合もあります。内…

Read more

内服薬を用いたAGA治療の導入方法

内服薬でのAGA治療は、外用薬やメソセラピーなどの治療法と比べて体に負担が少なく、自分に合った薬剤を選ぶことで、長期にわたり治療を続けやすいといったメリットがあります。特に、都市部にある男性専用の…

Read more

>

AGAの治療費はいくらかかるか

内服薬でAGA治療を行う事のデメリット

効果の良し悪しが分かるまで時間がかかる

男性型脱毛症の略称であるAGAの治療には内服薬を使用するのが普通ですが、これは体への負担が少ないのが理由です。注射や点滴による投薬治療は比較的早く効果が出るものの、その分だけ体には大きな負担がかかります。場合によってはショック症状に見舞われるおそれもあるため、時間がかかっても安全な方法である内服薬による治療が適していると言えるのです。その一方で安全であるという利点は見方を変えれば効果の有無が分かるまで時間がかかってしまう欠点でもあります。ひと口にAGAと言ってもその症状は患者によって様々です。処方された薬剤が必ずしも良い効果をもたらすとは限りませんが、内服薬による治療は良し悪しが分かるまでの時間が長いので、適切な対処が遅れてしまうおそれがあるのです。

第三者が誤飲する可能性に注意しなければいけない

AGAの内服薬治療で注意しなければいけない点は第三者の誤飲です。AGAは性ホルモンの分泌バランスが崩れたことで起こる脱毛症なので、治療に使う内服薬は性ホルモンの分泌量に影響する成分が含まれています。患者の体質やAGAの状態に合わせて処方した薬剤を使っているので、同じAGAの症状であっても処方された本人以外の第三者が使用してはいけません。性ホルモンの分泌量が大きく変わり、体調不良に陥る可能性があるためです。特に小さい子供やAGAの症状が無い成人が誤飲すると死亡するおそれもあるので薬剤の管理には十分に注意する必要があります。AGAの治療は長期間にわたって行うのが普通です。そのため、薬剤は厳しく管理して処方された患者以外の人が手に取らないようにすることを心がけます。

塗り薬でのAGA治療

塗り薬でAGA治療を行う事のメリット

内服薬によるAGA治療には、内側から薄毛を改善できるというメリットがありますが、作用を頭皮にのみ限定することができない、というデメリット面も備わっています。一方、塗り薬を使用した治療なら、頭皮にだ…

Read more

塗り薬でAGA治療をする際の注意点

AGAの治療薬には内服薬と塗り薬があります。塗り薬の効果の仕組みは血行促進と毛母細胞の活性化です。頭皮に薬を塗ると血管拡張作用により頭皮の血行を促進します。血液が毛母細胞へ栄養成分を届けやすくなる…

Read more

塗り薬の購入方法・手順について

AGA関連の塗り薬の中で、第1類医薬品は医者の処方箋なしで購入可能ですが、そんなに簡単に買えるわけではありません。具体的には、必ず店において薬剤師の問診・説明を受け、購入条件にあてはまる人しか買う…

Read more