骨盤底領域疾患(直腸肛門疾患・骨盤臓器脱)の徹底解説
 
 よくわかる大腸肛門科 HOME病気を診断Q and Aプロフィール
 直腸肛門の病気直腸脱直腸瘤痔核痔ろう・膿瘍裂肛・狭窄
 骨盤臓器脱TVM手術メッシュを使わない手術保存的治療
 大腸内視鏡検査無痛大腸内視鏡検査大腸ポリープ・大腸がん



費用は?健康保険は使えますか?



大腸肛門科の病院・クリニックでは、ほとんどの場合保険診療を行っています。
保険が使えない自由診療(自費診療)を行っているところはごく一部です。

保険診療を行っている病院やクリニックなら、値段は全国一律。
同じ医療行為にかかる費用は、全国どこでも同じです。

ホテルやレストランと違って、いい病院も悪い病院も値段は一緒です。




3割負担の場合の大体の費用を以下に示します。

これはあくまでもおおまかな目安です。
検査や手術の場合には、個々の状況で多少値段が変わってくる可能性もあります。

たとえば肛門科の手術では麻酔法や薬剤の種類で値段が多少異なりますし、大腸内視鏡検査を行う場合も組織検査の有無などで値段が変わってくることがあります。


初診の費用
2000円前後

再診の費用
通常1000円以下

肛門周囲膿瘍に対し、切って膿を出した場合(切開排膿)
約9000円

痔核出血に対し、硬化療法にて止血を行った場合(パオスクレー注射
約6000円

血栓性外痔核(血豆)を切除した場合(血栓切除術)
約8000円

日帰りで痔核の手術を行った場合(痔核根治手術
4万円前後

日帰りで痔ろうの手術を行った場合(痔ろう根治手術
4万円前後

日帰りで裂肛の手術を行った場合(裂肛根治手術
3万円前後

胃カメラ(胃内視鏡検査)
約7000円

大腸カメラ(大腸内視鏡検査
約9000円

大腸ポリープを切除した場合(大腸ポリペクトミー
3万円前後



「肛門科・大腸肛門科の受診について」の関連記事
肛門科って何するところ?大腸肛門科とは?痔の治療は大腸肛門科の専門病院がいいのでしょうか?大腸肛門科の良い医師を見つける方法は?表示してある診療科目から大腸肛門科を得意とする医師を見つけるには?ホームページを見て大腸肛門科病院の実力を判断できる?痔を市販薬や通販の薬で治療してても大丈夫?恥ずかしくありませんか?痛くありませんか? いきなり切られたりしませんか?生理中でも肛門科受診・手術・大腸内視鏡検査は大丈夫?妊娠中でも肛門科の薬を使って大丈夫?肛門科を受診する人のうち、手術が必要になる割合はどれくらいですか?費用は?健康保険は使えますか?生命保険の手術給付金はおりますか?